ハムストリングの痛み

  • 2016.05.28 Saturday
  • 22:46
JUGEMテーマ:スポーツ
男子中学生 陸上部

 半年前短距離の練習で早いスキップをしていたら突然ピキッと左太ももの裏でお尻のすぐ下の辺りに痛みが走って痛くなった。整形外科では肉離れと診断され痛み止めと湿布を処方されたが効果なく、その後、鍼灸接骨院でマッサージとストレッチ、電気かけ、テーピング、置き鍼をしてもらったが変わらず、山形のスポーツドクターに診てもらったら反対側の恥骨のところをマッサージするように指導された。

 日常生活では痛くないが、スタート練習などで力が加わると痛いと言って来院されました。痛い所を探ると硬くなっている筋肉があったので、そこに狙いを定めて鍼をして刺激したところ一回の治療で良くなり、2回治療して終了となりました。いわゆるトリガーポイントが出来ていたようでした。
 

痺れを伴う腰痛

  • 2016.05.22 Sunday
  • 23:33
30代 女性


 
 2日前シャッターを開けようとかがんで力を入れたときビビーッと腰から左足に痛みが走り、それから少しして太ももの裏に痺れを感じるようになった。1年前にも座骨神経痛になり整形外科で湿布と痛み止めとコルセットを処方され、治るのに数ヶ月かかったので今回は真っ直ぐ鍼治療に来たとのことでした。

 左の腰とお尻に力が入り、左の腰が高くなって背骨が少し歪んでいました。身体を動かすと左の腰から太ももにかけて痛みと痺れが強くなるようでした。痺れが痛みの後に出てきていることから痛みで筋肉が緊張し結果として神経血管が絞められて痺れが出ているのではないかと推察し、まずは緊張した筋肉を緩めてみるように鍼をしました。
 
 2回治療したらだいぶ痛みが減り3回の治療で症状は5分の1に減って4回の治療で終わりました。

JUGEMテーマ:健康

重い物を持ったぎっくり腰

  • 2016.05.21 Saturday
  • 19:24
JUGEMテーマ:健康
50代 男性
 昨日30圓凌綯罐櫂鵐廚鮖ち上げてピクッと腰に来た。直後は大して痛くなかったので、スコップを使った作業をしていたら次第に悪化してきて今朝起きたら腰が伸びなくなっていた。と言って治療に見えました。
 腰に強い負荷がかかったタイプのぎっくり腰でした。発症直後はあまり痛くないのでついつい動いてしまい症状を悪化させるものですが、この方の場合もその典型的なケースでした。
 過敏になった筋膜に鍼を当てる打ち方で2回治療して傷んだ組織の修復を促し、3回目は極軽い刺激に変えて緊張を緩めるやり方にしたところ急激に痛みが減り腰が伸びました。4日連続治療して仕事に復帰できました。
 

筋肉の緊張が解けなくなった背部痛

  • 2016.05.12 Thursday
  • 22:29
男子中学生 バスケ部  

 2日前バスケの部活中に背中が痛くなり出したそうで、試合中背中の痛みに耐えられなくなってプレーが出来ないのを見たお母さんが治療に連れてきてくれました。背中の筋肉を使うバスケのディフェンスなどは辛く、寝ていると楽だとのことでした。

 身体を前屈みにすると背中が突っ張って痛みが強くなるので、背中の筋肉が硬くなったままゆるまない為に起きている症状のようでした。

 鍼治療は初めてでしたが、ていねいに筋肉の緊張を緩めるように治療したところ2日後には左に少し痛みが残っているぐらいになり、3回の治療で良くなりました。

 硬い筋肉をピンポイントで緩めていける鍼治療はこういう症状に最適です。
JUGEMテーマ:スポーツ

子供のかんしゃく2

  • 2016.02.01 Monday
  • 00:13

1才 女児 3人姉妹の末っ子


 かんしゃくを起こすと身体をのけぞりバターンと後ろに倒れ込んで頭を打ったり、自分で床に頭を打ち付けて暴れるのでおんぶするしか無く大変だ。夜泣きもする。という事で連れてこられました。

 待合室で遊んでブロックや積み木で遊んでもらっていたのですが、ちょっとでも気に入らないことになるとワーワーと泣き叫び、両親のあやそうとする手を振り切って、全身で猛抗議をし続けているような感じでした。 他の患者さんの治療をしながら20〜30分様子をうかがっていましたが、一向に泣きやむ気配はありません。そこで待合室でご両親からお話を伺ったところ、元々気むずかしいところがあったそうですが、特にここ2ヶ月前からひどくなっているそうで、保育園でも同じ様子だそうです。ご両親は頭を床に打ち付けてるのは何らかの自傷行為ではないかと心配されていました。

 そこで、私はご両親に子供を無視して大人3人で積み木遊びをするようにお願いしました。突然大人達が泣いている自分を無視して何かし始めたので、子供は泣くのを忘れて大人のやっている事に興味を示し始めました。「ほらね。泣くの忘れたでしょ。次は私がやるように子供を見ないで積み木を差し出してごらんなさい。遊びに加わってくるよ」そう言ってひょいと子供に積み木を差し出すと、子供は思わずそれを手にとってポイと投げました。そこでまた知らぬ振りして積み木を渡すとまたポイと投げて遊び始めました。そうやって遊びに夢中になっている間に小児はりで身体を撫でながら治療してその日は終わりです。

 ご両親にはかんしゃくを起こしているときのこの子の気持ちを言葉に出して代弁して上げて下さいとお願いしました。つまり、何が気に入らなくてかんしゃくを起こしているのかを子供に代わって口にしてみると言うことです。それと、夜泣きした時に背中を軽くとんとんと叩くことも教えました。

 3日後いらした時の話では、夜は時々ぐずる程度で眠るようになった。まだ少しのけぞることがある。という事でした。待合室で遊んでいる様子はニコニコとしていてご機嫌で、お母さんに甘えて遊んでいました。 それから6日後来院したときの話では、夜泣きはほぼ止まり、のけぞりも時々ぐらいになったとのことでした。子供とお母さんの様子も大変良好で、治療もちゃんと治療室のベッドの上でできました。 4回治療した時点で一区切り付けてひと月に1回のペースにしました。
新米鍼灸師のための極意高座↓

続きを読む >>

鼻づまりによる夜泣き

  • 2015.12.10 Thursday
  • 13:14
 1才女児

2週間前から夜泣きをする。鼻が詰まりのせいか、夜中に起きて1〜2時間ぐずる事を2〜3回繰り返している。眠れないので怒りっぽい。小児科では異常なしと言われ鼻水を止める薬を飲み続けている。鼻が通ると少し楽になるようだ。と言って連れてこられました。

大師流の小児はりを施し(特殊な鍼で身体を撫でる治療)鼻づまり対策としてマグレバン(数ミリの金属の粒をテープで貼り付ける治療器具)を眠る前小鼻の脇に貼るようにお母さんに指示しました。


1週間後いらしたときの話では、すぐに鼻頭まりは良くなって眠れるようになったが、昨日から立ち歩きが出来る様になり、昨夜は興奮して夜泣きが激しかったそうです。興奮を治めるように治療してさらに1週間後の話では、夜泣きは良くなったが、風邪を引くと鼻つまりが出没するとの事でした。

その後は鼻通りが良くなり,夜泣きも落ち着いたが、イヤイヤが強くなり出して食事を嫌がるり無理矢理食べさしている。との事でした。遊びながら楽しう食べさせるコツを教えて治療を終えました。

新米鍼灸師のための極意講座↓
続きを読む >>

腱鞘炎

  • 2015.10.22 Thursday
  • 23:30
50代女性

 左手首は8ヶ月前から、右手首は2ヶ月前から痛くなった。手を使わないと痛みはないが、手首が何かに当たると痛い。整形外科で腱鞘炎と診断され湿布と飲み薬、注射も受けたが変わらない。調理の仕事をしているので手を休められないと言って来院されました。

 傷んだ腱に鍼とアイシングをしてテーピングで固定したら半分ぐらいまで痛みは減ったものの、5日間治療が開いたらまた痛みが戻ってしまいました。

 そこで、仕事中は必ずテーピングをして仕事の後や帰宅してから手首を冷やし、夜は湿布を貼って寝ることを励行するように指示したら痛みは軽減し、ハサミも包丁も使えるようになりました。

 途中養生を怠たると痛みがぶり返すこともありましたが、約1ヶ月で七回治療して治りました。

 こうした慢性の痛みは、養生を愚直に守らないと抜け出せません。少し良くなると養生をサボっては痛みがぶり返すので、そのことを何度も繰り返し説明して厳重に守らせることが治す近道です。

肘の痛み

  • 2015.10.08 Thursday
  • 13:22
 六十代女性

 一ヶ月前雪片付けをしてから両肘が痛くなった。ものを握ると肘がジーンと痛い。夜間も痛みで目が覚めると言って来院されました。

 鍼灸をしてアイシングで冷やす治療で右肘はだいぶ良くなったものの左は治りきらず、治療開始十日目で左の肩かげに強い痛みが出てきました。座位でそこにも鍼をしたら次に来院した時には肩かげと左肘の痛みもグンと減っていました。

 そこで、背中を探ると肩甲骨上に強い圧痛を発見し、それに鍼をすると肘痛が楽になることが分かりました。その後は同じような治療をして一ヶ月間で八回治療して良くなりました。



新米鍼灸師のための極意講座↓
続きを読む >>

おしりの凝りが原因の腰下肢痛

  • 2015.10.02 Friday
  • 23:21
八十代女性

 三週間前から右のお尻が痛く、次第に下肢から足首あたりまで痛くなった。病院の整形では腰から来ていると言われ薬を飲んで少し良いが治らない。接骨院に行って三〜四回マッサージをしてもらったが変わらず、最近は夜も痛くて眠れなくなったそうです。

 右足首の力が弱っている以外ヘルニアを疑わせる所見が無かったので、お尻を探ったら筋肉が硬くなってそれを押すと足まで痛みが響くコリを沢山確認できました。

 これがトリガーポイントと呼ばれる痛みの震源地で、周囲の筋膜も痛みを下肢にまで飛ばす元凶です。「腰からきている」のではなくて、「尻からきている」が正解でした。

 お尻の硬い筋肉をほぐすように鍼をして、すねも治療したら次第に痛みが減り始め、二ヶ月間で十二回治療して温泉に遊びに行けるまで良くなりました。

 当初カチカチだったお尻の筋肉も柔らかくなりました。途中、整形からモルヒネが出され、それを増量されたらふらついてびっくりすることがあり、以来薬はあまり飲まないで治しました。


新米鍼灸師のための極意講座↓
続きを読む >>

耳の奥の痛み、耳閉感、耳鳴り

  • 2015.09.26 Saturday
  • 22:46
四十代女性

 
 一ヶ月前から耳が詰まった感じがして耳の奥がずきんずきんと痛む。シューとした音も聞こえ耳鼻科と脳神経科で診てもらったが異常はなく、治療も無いと言われたそうで、仕方なく市販の痛み止めを飲んでしのいでいたそうです。       

 二年前から同じような痛みが三回出ており、その都度耳鼻科で診てもらっても異常なしで、一ヶ月ぐらい放置してるといつの間にか治まってきたそうで、今回は長引いているとのこと。 これまでの経緯を踏まえてどこかに痛みの震源地(トリガーポイント)があるのではないかと探してみると、顎の下に押すと耳の痛みが再現出来る圧痛点を見つけました。そこに鍼を刺したところ耳の痛みが消えてしまいました。

 三日後も痛みは消えていて耳閉感と肩こりが残っていました。顎の下の圧痛は減っているもののまだ耳に響く点が残っていたのでそこに刺鍼しました。

 正月休みを挟んで二週間後耳閉感は減り、寝るときの耳鳴りと肩こりが残っていました。その後二回ほど治療して耳鳴りも気にならなくなりました。

 顎の裏側の筋肉に出来たトリガーポイントが耳の奥にズキズキとした痛みを引き起こしていたとは驚きでした。 

新米鍼灸師のための極意講座↓
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM