パニック障害から抜け出すコツ

  • 2018.03.06 Tuesday
  • 13:30

 

パニック障害の症状は、動悸、息苦しさ、冷や汗、胃の不快感、死ぬかもしれないという強い不安が突然発症し、しばらくすると治まるのを繰り返します。検査で異常が指摘されることはなく、病院にかかっても「どこも悪くない」と言われてしまいます。そうした発作を繰り返すうちに、「また起きるんじゃないか」という予期不安が強まって発作が起きた場所や状況を避けるようになり、次第に行動範囲が狭められていきます。常に強い緊張と不安に苛まれることになります。

 

最初の発作が大きいと救急車騒ぎとなりますが、大概病院に着く頃には症状も治まっており、「ああ、パニックね。どこも悪くないから帰ってね」的な対応をされてしまうと、本人は「死にそうだったのに取り合ってもらえなかった」と感じ、強いショックを受け、不安は高まってしまいます。「誰もこの不安を解決してくれない」と思い込むことでパニック障害が完成します。

 

最初の発作が起きたときに、本人の強い不安を理解し、再発防止のための適切な対応がなされていれば、パニック障害は完成しないと私は考えています。これは救急医療がパニック発作には十分対応できないことによる問題点でもあります。

 

パニック発作の患者さんが困り果ててたどり着くのが鍼灸院です。私も頻拍発作を患った経験があるので、患者さんの不安は良く理解できます。

以下は、 パニック障害から抜け出すコツです。


,泙瑳囲に発作をカミングアウトし理解者を作っておきましょう。発作が起きたときに事情を知っている人がいるだけで、安心感       が全く違います。
発作の最中も「これはもうすぐ治まる。必ず治まる。落ち着け」と唱え、楽な姿勢を探しましょう。膝を立てた仰向けや、うつ伏せ、うずくまるのもありです。

6瓩に気遣ってくれる人がいたら、「治まるまで側にいてもらえますか」とお願いしましょう。下手に救急車を呼ばれて騒ぎが大きくなるよりも見守ってもらう方が早く治まりますし、自力で治められたという自信につながります。この経験がパニックから抜け出す第一歩になります。

げ畍撞曚魑こすと身体がしびれて気が遠くなるので、鼻から息を吸って、すぼめた口からゆっくり息を吐きましょう。

シ杆ががちがちに緊張しているはずなので、頚肩を回してゆるめましょう。

θ作では絶対に死なない事を発作が治まった直後に自分にしっかり言い聞かせましょう。これができると、次の発作の時の落ち着きが良くなり、治まるまでの時間が短縮され症状も軽く済みます。これがパニックから抜け出す2歩目になります。
発作が出るのは疲れが溜まっているからです。マイペースを心がけ、心身を休めましょう。
鍼灸治療は心身の疲労とアンバランスを整えるので、パニック発作を起きにくくします。是非試してみましょう。

人の目を気にしすぎることもパニックを悪化させる要因です。わざと恥をかいて自分の心を慣らすのもパニックから抜け出すコツです。

 

パニック障害の治療はSSRI(抗うつ剤)や抗不安薬が処方されますが、丁寧な心理療法が施されることはまれで、身体的なアプローチが行われることはありません。しかし、鍼灸治療は脳,脊髄内のセロトニンやドーパミンの量を増やし、パニック発作で現れる諸症状を改善するので、効果的な治療法です。薬剤と併用するとより効果が高まり、薬の量も減らせる事も報告されています。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM