母指のバネ指

  • 2017.06.26 Monday
  • 12:05

50代女性

 

   介護の仕事をしているのだが、2~3年前から徐々に両手の親指を曲げ伸ばしする度にカクンカクンと音を立てるようになり、2ヶ月前からは痛みも増してきた。整形外科を受診しバネ指と診断され、ステロイドの注射を2回打ってもらったが、2~3日症状が軽いだけで治らず、それでダメなら後は手術しかないと言われ、仕事を休むわけにはいかないので鍼で何とかならないでしょうかと言って来院されました。

  

   左の親指は少し曲げ伸ばしが出来るものの、右はほとんど曲げることも出来ない状態でした。また、長いこと曲げていないので、親指の関節が硬くなりかけていました。まずは、親指にかかる負担を減らすため、生活上で痛いと感じる動作を洗い出したところ、タオルや布巾を絞る動作、洗濯ばさみをつまむ動作、ペットボトルを開ける動作が辛いことが分かりました。

  

   そこで、布巾の代わりにウエットティッシュを使うこと、洗濯ばさみを使わない干し方に変えること。ペットボトルを使わないようにすることなどの工夫をお願いしました。さらに、おうちでも患部をアイシングしてもらいました。

  

   1週間から10日に1回のペースで来院してもらい、鍼灸治療と関節のリハビリをしました。当初はゴミ袋の口が縛れない、ご飯茶碗や片手鍋を持つのが辛い、車のキーを回すのが辛いなどいろいろと痛い動作が多くありましたが、3回治療したところで指が曲がり始め、5回の治療で入浴中に左指が曲げられるようになってきました。

 

   9回治療したあたりで、指のサポーターを使うようになったら指のむくみが減って、曲げられる回数が増えたとおっしゃるので、鍼を打った後弾性包帯で圧迫しながらのアイシングを追加し、全身のむくみ対策として水分を取りすぎないようにお願いしたら、グンと症状が楽になり、右指も自力で曲げ伸ばしが出来るようになりました。
 

    途中美容室で雑誌を読んだ際、親指でページをつまんでいたために一時的に悪化したことがありましたが、順調に回復し12回目で左指がほぼ良くなり、15回目で右指も引っかからずに曲げ伸ばし出来るようになりました。3ヶ月ちょっとかかりましたが、その間仕事を休むことなく続けられました。

 

新米鍼灸師のための極意講座↓

 

JUGEMテーマ:健康

 以前紹介したバネ指は精神緊張が治りを悪くしているケースでしたが、今回のバネ指はむくみが大きな要因でした。バネ指の定石通り、負担のかかる動作を可能な限り減らし、鍼灸治療とアイシングである程度まで改善したものの、その先になかなか行けないでいたとき、むくみに注目して対策を講じたら、一気に解決していきました。その対策とは水分の取りすぎを止めてもらうのと、患部の圧迫でした。

 

 健康のためにと水分を沢山取る人がいますが、やはり過ぎたるは及ばざるが如しです。この方の場合水分の取りすぎを止めたらふくらはぎや肩が柔らかくなり、手の腫れぼったさも軽減しました。さらに弾性包帯(伸び縮みのする包帯)を指から手に巻いたり、サポーターで圧迫したらより早く症状が取れました。

 

治療のコツはコレ!

 むくみを見逃すな

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM