触れない程くすぐったがりの腰痛

  • 2016.06.13 Monday
  • 22:22
四十代男性

 八日前朝起きるとき右腰がビクッとなった。上体を左に倒すと痛く背中も張って苦しい。 整形外科で椎間板が潰れているが神経には障っていないと言われた。

 湿布は効かない。うつ伏せが楽。急な動きや同じ姿勢を長く取るのが辛い。腰痛の度に医者から「痩せろ」と言われるが効果を感じた治療は無く、一ヶ月ぐらいで自然と楽になっていた。と言う話しでした。

 この方は極端なくすぐったがりで、腰を触ると飛び上がるのでツボも取れず鍼も打てない状態でした。また、痛みで軽いパニックになっているようでした。そこでミオラブと呼ばれる特殊な道具で硬く張った背中の筋肉をほぐし、鍼は皮膚の上に載せていくだけで差し込まない切皮置鍼(せつぴちしん)と言う打ち方を選びました。

 初診はこれだけで腰が軽くなりだいぶ動かせるようになりました。三日後来院した時には「ぐっと楽になった」とおっしゃって腰のくすぐったがり方もだいぶ減っていました。

 二回目の治療は深い病巣部に鍼を当てる事にしました。いわゆるトリガーポイント治療です。めいっぱい腰に力を入れさせた状態で鍼を刺し手短に治療を終えたら直後から腰が軽くなりました。

 それから二日後来院したときは八〜九割り良くなっていたので、筋肉の疲労を取るバンキー(吸い玉)をしてこれまでだれも手が付けられなかった腰の治療を完了しました。
JUGEMテーマ:健康

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM