頸肩腕痛

  • 2015.04.16 Thursday
  • 12:43
JUGEMテーマ:健康


50代女性


 
 仕出し弁当を24個も袋に入れて左腕だけで運ぶことが続いたせいか、左肩から腕にかけて痛いと治療に見えました。

 明らかに使い過ぎだったので、凝った筋肉をほぐす治療をした後、弁当の運び方を工夫できないかいろいろとアイディアを出してみましたが、どれも受け入れてもらえませんでした。 

 そこで、持っていたカバンが随分重そうだったので、そのカバンをリュックに変えて背中に背負ったらどうかと言うと、それも出来ないと言って帰って行かれました。

  しかし、その後いらないものまで持ち運んでいる事にご本人が気がついてカバンの中身を整理したら、カバンも頚肩の痛みもグンと軽くなったそうです。以後治療の経過は順調で、二週間で四回治療して良くなりました。

 「私が頑張らねば」と云う思いが、あれもこれも持って歩く習慣に繋がっていたのかもしれません。結果として身体をいじめることになっていたようです。

 カバンの中身を整理しながら心も整理がついたのでしょうか、いらぬ力みがとれて治療効果もグンと上がりました。

極意講座↓
 
新米鍼灸師のための極意講座

治療のコツはここ

 いわゆる頸肩腕症候群の治療ポイントは神経や血管を締め付けている筋を見つけてほぐすことにあります。そのために、整形外科や、神経内科的な診察で理詰めの治療が可能になります。鍼灸師もこのぐらいは出来るんだぞと言いたくなるのですが、実際の臨床になるとそれだけですんなり片づくものではありません。ここからが臨床家としての工夫のしどころです。

 理屈道理に行かない理由をきちんと見つけて取り除かないといけません。患者さんの症状を悪化させている生活習慣を丁寧な問診で明らかにする必要があります。尋問になったのでは本末転倒なので、雑談風にしながらあれこれと自分の推理をぶつけていって探ります。その際、生活だけでなく患者さんの心理状態も紐解いていきます。

 生活習慣や仕事ぶりはその人の置かれた立場や心理状態の結果として現れてきていることだからです。症状を長引かせている行動が分かっても、そうさせている心理や事情が理解できないと行動を変えさせることが出来ません。

 問診で首尾良く問題行動が分かり、それを支える心理状態も把握したうえで、どうやって行動を変えさせるかです。

 いろいろな手がありますが出来るだけ副作用の少ないものを使いたいところです。まずはその人の立場とそうせざるを得ない事情を理解し共感することです。次に、出来そうな改善案をいろいろと出してぶつけてみることです。大概ははじかれます。

 次にこのまま行くデメリットと、改善した後のメリットを天秤にかけさせます。これも、諦めという壁で阻まれます。

 さらに、根本解決でなくても、今よりはましになる工夫を出して妥協案を提案します。もちろんこちらも出来るだけの協力を示してその人の問題解決に取り組む姿勢を見せます。

 ここまで追い込んでおいてその日の治療は終了にします。そうすると次の治療日までの間に本人の心に変化が起こります。「先生が自分のためにあんなに一生懸命改善案を出してくれているのに、自分はあれも出来ないこれも出来ないといい訳ばかりしていたなー。」と反省し始めます。そして冷静になってから、自分で出来る事を何かやろうと云う気になり、治療者が提示していた改善案の中から出来そうなものを拾い始めるものです。

 私たちがやるべき事で大事なのは、脅かさない。強要しない。立場を理解し、いい訳を聞きながらも諦めないで改善策を提示する。です。このひたむきさと粘り強さに人は動かされます。

 誰もが自分のやむにやまれぬ事情の大変さをしっかり理解して欲しいと思っています。だからこちらからの改善案に、ことごとく反論しながらどれほど大変な事なのかを強調し、理解を求めてきます。だから、治療者はその反論を聞いてあげて、患者さんのカタルシスを図ってあげます。そのためには、患者さんの反論に対していらだったり、黙らせたりしては逆効果です。

 こちらの改善案に対して返してきた返事に「そうかー、だめかー」とがっかりしてみせます。でも諦めずに「じゃあこうしたらどうかなー」と切り返します。このやりとりの繰り返しが大事なのです。

 「あんたさっきからいい訳ばかりしていて治す気あんの?」なんて切り返しても何も改善しません。散々患者さんのいい訳に打ちのめされてあげることです。それでも私はあなたが楽になるために頑張るからね。と言うメッセージを伝えるのです。

 この方の場合、お店を切り盛りする女将の立場なので、その苦労は推して知るべしです。私たちも自営業者としてそこは十分推察できます。そうした共感をベースに出来るだけ早く治して働けるようにすることを前提にやりとりをしていきます。そうすれば、必ず人は動くものです。

今回の格言

問題行動を支える心理を見抜き、こちらのひたむきさで相手の行動を変えさせる

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM