足のつれと減塩食

  • 2013.09.21 Saturday
  • 22:55
50代 女性 

 下半身の筋肉が次々とツレるのを治して欲しいという患者さんが見えました。何年も前から月に1回ぐらい主に明け方起きていたのが、三年前から頻繁に起こるようになったそうです。 

 仕事は立ち仕事の肉体労働で、冬でも一日数回着替えを必要とする程汗をかくにもかかわらず、高血圧と糖尿病があるために塩分控えめの食事にしているとのことでした。内科と整形外科を受診したら水分、カルシウム、ミネラルを摂るように言われただけで楽にならなかったそうです。  

 身体を診ると下半身の筋肉は全て硬く張って冷えて弾力を無くしていたので、硬く張った筋肉をゆるめて血行を良くするように治療し、たばこを止めて下半身を冷やさない服装にし、寝る前に下半身のストレッチと味噌汁を朝晩飲むように指導しました。  

 五日後来院したときには下半身の筋肉の張りとむくみは軽減しだいぶ柔らかくなり、足のツレもほとんど起きていませんでした。結果二〇日間で四回治療しながら経過を見ましたが、全くツレなかったので治療を終了しました。  

 結果的には仕事で大量の汗をかいたうえ減塩食をしていたので、必要以上に塩分が不足して筋肉がツレやすくなっていたようでした。また、暑がりな人なので、家では短パンでクーラーの利いた部屋で過ごし、足を冷やしていたのも悪かったようです。  
sutorecci.jpg
 足のツレの原因は諸説ありますが、私の経験からすると、やはり塩分不足は大きな要因になっていると思います。以前陸上競技のトレーナーをしたときに、熱けいれんで担ぎ込まれてきた競歩の選手が梅干しのおにぎりを食べてすっかり回復したのを目の当たりにしたことや、自分も直前練習で大汗をかいたままダンスの競技で踊ったら、下半身の筋肉が一斉にツレた事があり、ポカリを飲んだら治まった経験があります。  

 また、治療中に次々と下肢の筋肉がツレてしまう患者さんがいたので、塩辛いものを摂るようにお願いしたところ、帰宅後味噌漬けを食べたら落ち着いたと言う方がいました。この方も厳格な減塩食をしていました。  

 こうした経験から、夏場に脚がツレる人には、減塩食をしてないか確認した上で、脚がツレた時は塩辛いものを食べてみることを勧めています。治療中に足のツレを繰り返す人には、その場で梅干しを一個食べてもらうとすぐに治まるようです。
JUGEMテーマ:健康

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM