耳の奥の痛み、耳閉感、耳鳴り

  • 2015.09.26 Saturday
  • 22:46
四十代女性

 
 一ヶ月前から耳が詰まった感じがして耳の奥がずきんずきんと痛む。シューとした音も聞こえ耳鼻科と脳神経科で診てもらったが異常はなく、治療も無いと言われたそうで、仕方なく市販の痛み止めを飲んでしのいでいたそうです。       

 二年前から同じような痛みが三回出ており、その都度耳鼻科で診てもらっても異常なしで、一ヶ月ぐらい放置してるといつの間にか治まってきたそうで、今回は長引いているとのこと。 これまでの経緯を踏まえてどこかに痛みの震源地(トリガーポイント)があるのではないかと探してみると、顎の下に押すと耳の痛みが再現出来る圧痛点を見つけました。そこに鍼を刺したところ耳の痛みが消えてしまいました。

 三日後も痛みは消えていて耳閉感と肩こりが残っていました。顎の下の圧痛は減っているもののまだ耳に響く点が残っていたのでそこに刺鍼しました。

 正月休みを挟んで二週間後耳閉感は減り、寝るときの耳鳴りと肩こりが残っていました。その後二回ほど治療して耳鳴りも気にならなくなりました。

 顎の裏側の筋肉に出来たトリガーポイントが耳の奥にズキズキとした痛みを引き起こしていたとは驚きでした。 

新米鍼灸師のための極意講座↓
続きを読む >>

突発性難聴

  • 2015.04.09 Thursday
  • 21:07
JUGEMテーマ:健康


40代女性

   12日前に突然右の耳が塞がった感じがしてゴーッと言う耳鳴りがした。2日後に耳鼻科を受診し、突発性難聴と診断された。受診した日は聴力は大丈夫だったのに、その二日後には聞こえが悪くなりその後徐々に聞こえは回復しているがまだ元には戻っていないし、耳鳴りは治っていないので鍼灸治療を希望して受診されました。

   当院では突発性難聴には中頚神経節刺という治療を行います。頚にある交感神経の束を刺激する方法です。耳鳴りやめまい、難聴に効果があります。この方の場合もその方法を行い、さらに耳の周囲で押すと耳鳴りが変化するところ(この方の場合はすべて耳鳴りが強くなるポイントばかりでした)にお灸をすえその他身体全体の調子を整える治療を施しました。

 2回目の治療の後には耳が塞がった感じが取れ、3回目にいらしたときには耳鳴りは静かにすれば聞こえる程度に減っていました。この日耳鼻科で測った聴力はまだ改善していませんでしたが、初診から約1ヶ月後の4回目の治療の時には耳鳴りも、耳が塞がった感じもなくなっていました。それから3週間後の6回目の治療の時には聴力も回復し耳鼻科でもほぼ完治したと言われ鍼灸治療も終了にしました。

極意講座↓

続きを読む >>

耳閉感とふらつき

  • 2010.04.07 Wednesday
  • 00:58
ストレスによる耳閉感と不安定感
30代女性

4ヶ月前から耳が詰まる感じがして耳鳴りが出ていた。1週間前に夜中めまいで目が覚め、天井がグルグル回って立ち上がれず、2度吐いた。

耳鼻科を受診し三半規管がおかしいと言われたが、血圧や聴力には異常はなかった。注射を打ってもらったら症状は一時良くなったように思えたが、処方されためまい止めの薬を飲んで1週間過ぎても耳が詰まった感じとバランスの取りづらさは変わらない。一晩に3〜4回目が覚めて熟眠もできない。と来院されました。

鍼灸が良く効くめまいに、頚性めまいというのがあります。頭の向きによって耳の血流が悪くなって起こるめまいです。頚性めまいの患者さんはめまいのする方向を向かないようにして寝るのですぐに分かります。また、頭をいろんな方向に動かすと、めまいを誘発できるので診断は容易です。しかしこの方の場合、頭の向きでめまいが特に強まる様子はありませんでした。

そこで、耳の詰まった感じが楽になるところはないかと頚を探っていったら、左の後頚部に押すと耳のつまりが取れるところが見つかったので、
その場所と合谷にお灸をすえて、あとは肩こりをほぐす鍼をしたら、その日の内に耳に粘土が詰まっていたような感じが紙が詰まってる程度に軽くなり、2回治療しただけで疲れたときに耳が変な感じがする程度まで良くなり、夜も眠れるようになりました。

お家でも、お灸を続けてもらい、5回の治療で耳閉感はなくなり、ふらつきが少しあるぐらいまで回復し、その後は週に1回のペースでしばらく治療を続けたところ、大変体調も良くなり、働きに出るまでになりました。

元々の原因は、隣人の騒音だったようです。夜中に限って騒ぎまくる隣人がいて大変困っていたそうですが、鍼治療をして体調が良くなってからは、考え方も前向きになりそうしたトラブルに負けないようになりました。

突発性難聴

  • 2010.01.09 Saturday
  • 21:22
聞こえのいい話

20代男性

 6週間前に朝起きたら右耳の聞こえが悪くなっていた。2日後耳鼻科を受診し突発性難聴と診断されステロイド剤を4日間飲んだものの良くならず、総合病院へ5日間入院しステロイドと血管拡張剤の持続点滴を受けた。

 現在はビタミン剤を飲んで月に1回のペースで聴力検査を受けている。
まだ右耳の聞こえが悪く耳鳴りもするし詰まった感じもある。疲れると耳鳴りが強くなり以前より頚肩の凝りがひどく、時として腕が挙げづらくなる。こうした症状が何とかならないだろうかと鍼灸治療にみえました。



 発症からすでに6週間が過ぎ、ステロイド剤による治療が終わり、後はビタミン剤を飲みながら経過を見るしかない状態からの挑戦でした。
聴力検査では中音域が悪い中程度の難聴で、耳鳴りはプーンという音でした。

 右の胸鎖乳突筋が張っていて、押すと耳鳴りが強くなるポイントが多く見られました。逆に耳の周囲にあるツボを押すと耳鳴りが小さくなるようでした。足の冷えが強く、突然に襲われた病気に対する不安が身体にも現れていました。

 自律神経のバランスを整え、血流を改善するように、お灸を中心にした治療をしたところ、治療直後から耳のふさがった感じが減り肩こりも楽になりました。そこで自宅でもお灸をすえてもらいながら治療を続けました。

 4回目の治療からは交感神経節を刺激する鍼を加えました。5週間治療した時点での聴力検査で改善が見られ、耳鳴りが気にならなくなったのでそのまま治療を継続し、9週間治療した時点での聴力検査でさらに改善が見られ、難聴の程度が軽度になりました。

 それからさらに2ヶ月治療を継続して耳鳴りはほとんど気にならなくなり、聞こえも良くなり治療を終了しました。

花粉症

  • 2009.04.12 Sunday
  • 13:45
鼻汁、鼻閉、目の痒みを軽くする方法
自験例

今回は自分の経験談です。ちょっと専門的なところもあって鍼灸師仲間の情報交換的な内容ですが、うちのブログの読者は意外とこういった専門的な内容がお好きな人が多いようなので、あえて載せてみます。


実は私も花粉症である。

20数年前東京に住んでいるときに発症した。それまでは全く花粉症などとは縁がなかった。今になって思えば、不整脈が出るぐらいまで勉強しまくっていた時期だったので、疲労と環境が影響したのかもしれない。


現在は、一日中家の中にいる仕事なので、それほど症状は出ないのだが、日によって調子の善し悪しがある。もちろん、沢山の花粉にさらされれば症状は悪化するので、自転車で外を走るのより、自動車の窓を開けて走った後の方が症状はきつくなる。また、外的要因だけでなく自律神経の状態によっても随分影響を受ける。

例えば、疲労がたまっていると症状は強く出る。のんびりしているとあまりひどくならない。肩がこってくると悪化する。足が冷えても良くない。
時間に追われて仕事をすると鼻水は止まらなくなるのに、一段落するとすーっと楽になる。

以前花粉症を悪化させて鼻水が止まらなくなり、終いには鼻の粘膜がぶよぶよにむくんで全く鼻で息ができなくなったことがあった。何とかして鼻を通す方法は無いものかとあれこれ試しているうちに、鼻の頭を指で軽く掻くと一瞬すっと鼻が通ることを発見した。

そこで顔中掻きながら鼻の通りが良くなる場所を探したら、鼻の周囲から額の少し上のところまでのエリアにそうしたポイントが集中していることが分かった。

考えてみれば、鼻閉を治すツボとして有名な、迎香(げいこう) 印堂(いんどう) 上星(じょうせい)は全てこのエリアに収まっている。

どうも、ツボ反応は点と言うより面でも出るのか。と一人納得した。
こうしたエリアに出没しているツボを刺激すると瞬間的に鼻が通る現象は、その反応の早さと持続時間の短さから推察して、血管収縮の反射ではないかと思っている。ツボの刺激により反射で鼻粘膜の血管が一瞬収縮し、結果としてむくんで膨らんでいた鼻粘膜が少し引っ込むので鼻腔に隙間ができるのだろう。

指圧をするより軽くこする方が反応が出やすい印象があった。と言うことは軽い刺激の方が効くのかもしれない。以前運動選手用に鼻の上に貼るテープが流行ったことがある。鼻腔を開いて空気の通りを良くし酸素を多く取り込めるようにすることでパフォーマンスを上げるという触れ込みだった。使っている選手に聞くと悪くないという。

でも、悪くない程度だ。そのことに大した価値はないと当時は思っていたので、あまり積極的に使う気にはなれなかった。

しかし、息子が風邪っぽくなると喉や鼻に炎症を起こして腫れ、気道が狭くなるために寝ていて息が詰まることが多かった。親としては気が気でないので眠れない。身体を横にしてやって気道を確保してやらないといけなくなる。こっちも眠いので何かいい方法は無いかナーと思い、迎香(小鼻の脇のツボ)に円皮鍼を貼ってみようと思った。

だが寝ている子供の顔に小さいとは言え鍼を刺すのは難しく、だったら粒でいいだろうと、マグレイン(小さな金属の粒をテープで留める治療具)を持ち出してきて貼ってみた。心なしかいびきが小さくなってきて、次第にすーすーと空気が通る音に変わってきた。これで何とか私も眠れるようになった。(心配から解放されて)

以来、風邪っぽくなって息が苦しそうなときはマグレインを貼ってやるようにしている。効きは「だいぶまし」と言う程度だが、その簡便さを考慮に入れるとかなり使える。

先の鼻孔拡張テープは皮膚を引っ張って鼻孔を広げると説明されているが、ホントのところは血管反射を起こしやすくしていたのではないかと思う。



さて、今年も花粉症の季節がやってきた。私の鼻もそれなりに詰まり気味だし、くしゃみや鼻水も増えている。目も少し痒い。でも、まだ薬を飲むほどでもない。鼻の調子が悪い日はマスクをして仕事をしていれば何とかなる。ところが急に患者さんが立て込んできて時間に追われると、途端に鼻水が増えてしまった。

抗ヒスタミン剤を飲めば眠くなる。そこでマスクで隠れるのをイイ事に迎香にマグレインを貼ってみた。しばらくすると鼻水が減ってきて、時々出てくるものの、いわゆるランニングノーズ(鼻水が垂れてしまうほどの状態)にはならないで済んでしまう。効いてる感じだなー。と思っていたらお昼頃くしゃみ鼻水が強まってきた。マスクを取って鼻をかんだら片方のマグレインが剥がれていた。残りも剥がした途端鼻水が止まらなくなった。

慌てて新しいのを貼り直したら収まった。かなり良く効いているんだなと思った。このぐらい効くのなら、さっきから気になり始めた目の痒みにも効かないだろうかと思い、瞳子髎(どうしりょう)目尻の外側に貼ってみた。めがねのフレームで隠れるかなと思って貼っておいた。その日一日目の痒みもひどくならずに仕事ができた。

これは結構便利だ。二日ほどそんな事をしてたらあまり鼻も目も気にならなくなったので貼るのをやめた。

次ぎに待合室に入って来るなり大きなくしゃみをしている患者さんがいた。マスクもしているし、鼻水をすすり続けている。そこで、治療前に迎香にマグレインを貼ってみた。10分ぐらいすると次第に鼻水をすする間隔が空いてきた。そして治療が終わるころに、「先生これいいですね」と言われた。始めは気のせいかナーぐらいに思っていたのが次第に効いているんだと実感できたようである。

どうもこうした軽い刺激は血管を少し収縮させる方に影響を与え続けているようである。人間の鼻腔は一定の周期で交互に広くなったり狭くなったりを繰り返している。また、横になって寝ると上になった側の鼻の通りが良くなり、圧迫された側、(下になった方)は詰まってくる。これも自律神経の反射だ。

人間の身体が持っている生体リズムや様々な神経反射を邪魔しないながらもその振幅を小さくしたり、方向付けをする効果はこうした軽い皮膚の刺激は持っているらしい。

で、今も鼻と目にマグレインを貼ってこの記事を書いている。それなりに調子がいい。お困りの方はご相談下さい。

耳鳴り

  • 2009.04.07 Tuesday
  • 00:21
50代 男性

最近出張の連続で疲れていたせいか2週間前から耳鳴りがする。ブーンとした音が両耳に聞こえる。寝てるとましなのだが動くと強まると言う。

一般に耳鳴りは静にしてるときほど強く感じ、動いているときは紛れて聞こえないことが多いのだが、この人の場合は逆である。ストレスの要因が強いのかなと推察した。

念のため耳鼻科の受診も勧めて治療を開始した。当初の治療は耳周囲の圧痛点にお灸をすえ、頚肩の緊張を解す鍼をした。耳鼻科での診察では特に悪いところは見あたらなかったようで、ビタミン剤を投与されたのみであった。

鍼灸治療を開始してから、常時感じていた耳鳴りが軽減する日が出てきた。
10回治療した時点で左はほぼ良くなり、右はゴーッとした音に変わってきた。
 
そこで、側頚部に低周波を流し、自宅でも耳鳴りのツボにお灸をすえてもらうことにした。するとようやく右の耳鳴りも減ってきて、耳鳴りの無い日が増え、さらに、耳鳴りが起きても短時間で消失するようになってきた。約半月自宅でお灸を続けてもらいながら鍼灸治療をさらに4回したら耳鳴りはほとんど起きなくなった。

めまい

  • 2007.11.18 Sunday
  • 06:51

50代 女性

昨日から肩が張ってふわふわとしためまいがする。頭も痛く吐いた。
といって治療にみえました。

10年前からめまいが起きていて、耳の手術もしているそうです。
肩と首の凝りを鍼で解したら治療直後からめまいはとまり、翌日の夕方まで楽でした。

以来、疲れてめまいが起きると来院しては数回の鍼治療でよくなることを繰り返している方なのですが、長い経過の中では強いめまい発作も何度か経験し、その度に色々と治療を工夫していく中でこの方用の最も効果的な治療法が出来上がっていきました。

それは、星状神経刺(せいじょうしんけいし)と呼ばれる、喉にツボをとる方法と、耳の下の窪み(エイフウ)と言うツボにお灸を沢山すえるのと、首の凝りに低周波をかけるのを組み合わせるやりかたです。

この3点セットを使うようになってからは、強いめまいも2〜3回の治療で治まるようになり、最近ではめまいも起きなくなりました。

めまい 

  • 2007.05.20 Sunday
  • 21:01
七十代 女性

 十年前からめまいがあり、強いめまいのつど耳鼻科で点滴をしてもらい治めてきた。今回は三ヶ月前にめまいが出て、脳の検査をしたが異常なく、二週間薬を飲んで一時治まったものの再発し、点滴で楽になるが止まらない。とう言うことで鍼灸治療を開始しました。

 めまいに対しては主に首の緊張を緩めることでよい成績を得てきたのでその方針で治療を進めたものの、二か月で六回治療しても一進一退だったので、申脈(シンミャク)と言う足にあるツボを加えたところめまいが治まり、その後一年間はめまいが起きていません。

肥厚性鼻炎

  • 2006.07.01 Saturday
  • 20:03
58才 女性
 常に鼻がつまっていて、臭いが分からない。料理をするときに味がはっきりしなくて困る。また、口で息をするせいか渇いて舌が荒れるのを鍼で何とかならないかと治療に見えました。慢性の鼻茸でどこの耳鼻科でも手術を勧められてきたそうです。

 だめなら諦めて耳鼻科にかかることを条件に鍼灸治療を始めました。治療を始めて約十日で鼻が通り始め、一月で六回治療して臭いが分かりだしました。この方の場合胃のムカムカが強く、はばけ易いのも悩みでしたが、鼻と一緒に胃の治療もしたところそちらも良くなりました。

 東洋医学では鼻と胃は影響しあうと考えるので両方一緒の治療がかえって効果をあげたのかもしれません。

めまい

  • 2006.06.06 Tuesday
  • 12:30
63才 女性
 半年前に一度めまいを起こして病院に十日ばかり入院し、一ヶ月前に再びめまいで入院したが良くならず、鍼灸で治らないかと受診されました。入院中色々検査はしたもののこれと言って悪いところは見当たらず、首の骨の並びが悪いと言われただけだったそうです。長引くめまいに不安が強まり精神的にもパニックになっていました。

 ツボを変えながら低周波を流し、三回目でようやく首のコリがほぐれたのを契機にめまいが弱まり、二週間で七回治療してめまいが治まりました。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM