肘内側から前腕の痛み

  • 2015.06.11 Thursday
  • 21:56
JUGEMテーマ:健康


 50代 男性
  

 一月前から右肘内側から前腕が痒いような疼くような感じがしている。頸を動かしての痛みやつれは無く、肩の後ろと肘内側の上下を押すと前腕の痺れが見られたのでそこに置鍼した。2診目では上腕の痛みは消失したが、前腕内側の症状は変わらなかった。そこで肘内側の圧痛に鍼やパルスを行ったところ前腕中央の痺れは消失し、内側に鈍痛が残った。

  ところがそれ以上症状がよくならなかったので4診目に思い切って尺骨神経溝(神経が通る溝)に刺鍼したところ前腕部の痺れはすぐに消失した。

 

腕と中指の痛み

  • 2015.06.11 Thursday
  • 21:56
JUGEMテーマ:健康

 50代 女性

 3日前から肘から前腕後側と左中指が痺れる。昨年手首を捻挫したせいかと思い整形を受診しレントゲンでは異常なかった。初診時はさしたる所見が無く、本人が気になるという所に刺鍼し響かせたらしびれが3割に減った。

  ところが除雪機械の操作で3診目には朝方中指のジンジンする痺れで目が覚めると訴え頚肩腕に鍼と灸をし、肘に通電をしたら上肢外側の違和感と中指のピリピリ感が残った。この時点でようやく手根管症候群を示す所見(手根部のチネルサイン)が出たので前腕の緊張部と手首の内側にパルスと施灸を追加したら症状が消失し、6診で治療を終了



極意講座↓

続きを読む >>

太ももの痺れ 

  • 2015.06.11 Thursday
  • 21:53
JUGEMテーマ:健康



60代 男性 



 重いものを持ったせいか左太ももの前から内側がピリピリと痺れて感覚が鈍り歩きづらくなった。昨日整体して腰は楽になったがしびれはまだ残っていると言って治療に見えました。左足の付け根(ソケイ部)が硬くなって押すととても痛がりました。太ももの前から内側にかけて触っても感じにくい場所が見られました。

 所見からすると大腿神経が筋肉の緊張で締め付けられて起こる絞扼性神経障害(こうやくせいしんけいしょうがい)のようでした。足の付け根の硬くて痛いところに鍼をして腰の深いところの緊張を解したところ、その場で痺れが半減し、三回治療して治りました。 
 

帯状疱疹後神経痛

  • 2013.07.28 Sunday
  • 00:51
60代男性

   5ヶ月前に帯状疱疹が右胸に出て6日後皮膚科を受診した。薬を1週間飲めば大丈夫と言われたが痛みが取れなかったので、麻酔科を紹介された。そこでモルヒネを処方され2ヶ月飲んでみたが、体調が悪くなり10キロもやせてしまい痛みも変わらなかったので通院を止めた。

   今も毎日ピリピリと痛く力仕事をすると背中まで痛みが走る。痛みのために身構えてしまうので疲れやすいと言って治療に見えました。

 痛みを起こしている神経を狙って鍼を刺し、自宅でもお灸を継続してもらいました。4〜5日間隔で3回治療したら痛みは半分になり、さらに低周波を流したところ、治療後3日ぐらい痛みが一時的に悪化したものの、ご本人がこれは帯状疱疹後神経痛による痛みではなくて鍼刺激による痛みだと理解したところ、残っていた痛みも消えて痒みが少し残るのみとなりました。

 皮膚科のドクターは、こじれた帯状疱疹後神経痛は鍼などしても一生治らないと患者さんに言ったそうですが、結果的に1ヶ月間5回の鍼灸治療で良くなりました。

 
 

 私も駆け出しの頃は帯状疱疹後神経痛は神経痛の王様で、早期に治療を開始しないと一生治らない神経痛が残る。と教わりました。しかし、これまでの臨床経験から、そうした神経痛でも早期のものなら意外と治る印象を持っています。「一生治らない」という考えは見直す必要があると思います。

 帯状疱疹後に起こっている痛みでも、必ずしも神経の損傷だけが痛みの原因とは限らないので「一生治らない」などと医療者側が先にいい訳をしてしまわず、患者さんの希望を奪うことなく可能性のある治療をいろいろと試させてみるのは大事なことだと思います。
 

 
続きを読む >>

上肢の絞扼性神経障害(手のしびれ)

  • 2006.05.04 Thursday
  • 16:38
 「いつになったら手のしびれの記事が読めるの?」と熱いリクエストを頂いた。一般向けの分かりやすい記事にしようと考えていたが、時間ばかりが過ぎてしまうので思い切って先ごろ学会に発表した原稿をそのまま載せる事にした。ツボの名前や治療の方法など専門用語のオンパレードでちんぷんかんぷんな人は考察だけを読まれると少しは役に立つと思う。情報が無いよりはましと割り切って読みづらい点はご容赦下さい。


はじめに
 当院では今年の大雪による除雪作業で、腕の痺れや痛みを訴えて受診する者の数が大幅に増え、その対応に追われた。しかし胸郭出口症候群、頚椎症性神経根症、手根管症候群、ぐらいしか知識がなかったために十分な鑑別ができず治療にもてこずった。そこで上肢の末梢神経障害について勉強し直してみると、肘における絞扼性神経障害の知識が抜け落ちていることに気づかされた。

 手元に有る医道の日本誌、臨床鍼灸、鍼灸学会誌で約20年分を調べてみると、肘の絞扼性神経障害が話題に上ったことは1987年11月号の臨床鍼灸において西崎泰清氏が解説している以外は見当たらない。1)そのほかに下肢の絞扼性神経障害について小川義裕氏が全日本鍼灸学会誌に投稿しているだけのようである。やはりこれまで鍼灸界は肘の絞扼性障害に対してあまり注目してこなかったと言えよう。

 ところが今年の冬のように肘を含む上肢の絞扼性神経障害が多発してみると、雪国の鍼灸師はもっとこれに注目して勉強する必要があると思い今回の発表に取り上げた。

 絞扼性神経障害の定義であるが、平澤泰介氏はその著書の中で(entrapment neuropathy)とは末梢神経がその走行途中に筋膜、腱膜、骨溝などによって形成されるトンネル部において、反復する摩擦刺激で神経炎を起こし、神経幹内外の結合組織の増生が進んだ結果としてトンネルが狭くなり絞扼を生じるもの。と書いている。

 症状は絞扼される部位や程度によって様々で、異常感覚、鈍痛、疼痛、痺れ、だるさ、冷感、灼熱感や、神経の変性が進むと運動障害、筋力低下、筋萎縮などを引き起こす。とある。

ではそうした絞扼性神経障害に対する鍼灸治療を考えるために、私が遭遇した橈骨、正中、尺骨神経の絞扼障害で代表的な症例を紹介する。
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM