喘息発作

  • 2015.08.26 Wednesday
  • 23:51
50代男性

「喘息の発作を鍼で止められるか?」と電話で問い合わせがあった。
何で鍼で喘息の発作が止められることをこの人は知っているのだろうかと不思議だったが、「大丈夫ですよ」と答えると、なるだけ早くに治療して欲しいと言ってきた。
どうも忙しい身で病院に行ってる暇がない様子だ。軽い発作らしく、電話での話し声もそれほど苦しそうではない。もしかすると他の治療院で経験しているのだろうと推察し、治療を引き受けた。

2〜3週前から咳が出ているそうで、内科で点滴を受けたり薬をもらっているという。アレルゲンは、恐らく家で飼っている犬だろうと本人は言う。
週末帰宅する度に喘息発作を繰り返すそうだ。

これまで自分は鍼を受けたことはないが、母親がよく喘息発作を鍼で止めていたので、点滴をするより早く治まるだろうと電話を掛けてきたのだそうだ。

呼吸音を聞くと中等度の狭窄音(気管支が狭くなって呼吸の度にヒューヒューと音がすること)で息苦しそうだった。すぐにベッドに座椅子をのせてそれに腰掛けてもらい、孔最(こうさい)と合谷(ごうこく)と言うツボに鍼をして低周波を流した。

時々呼吸音の変化を確認しながらそれを続けると、次第にヒューヒューという狭窄音が減ってきて、呼吸がスムーズになってきた。約30分したらほとんど狭窄音が消えて呼吸が整った。

3日後にもう一度受診してもらったが、狭窄音は無く、呼吸は楽なままだという。痰の切れが悪いと言うので前回と同じ治療を10分やって、背中にある喘息のツボにお灸をすえ、自律神経の調整を図る治療をして終わりにした。

息苦しくてやって来た患者さんの呼吸をその場で楽にして帰すとき、鍼の効果の素晴らしさを実感する。



新米鍼灸師のための極意講座↓
続きを読む >>

心因性の咳 (咽喉頭異常感症)

  • 2012.11.19 Monday
  • 17:40
40代女性

   1ヶ月前から日中だけ咳が出る。5年前風邪を引いて咳が止まらなくなりステロイド剤を使っても効かなくて、いつの間にか治まった経験がある。 今回は内科(胃腸科)で気管支炎と診断され投薬と点滴を受けたが治らず、他の内科(循環器科)で抗生剤と風邪薬をもらってもダメで、もう一件別な開業の循環器科でアレルギー反応を調べてもらうも異常なく、最後に呼吸器科でレントゲンと血液検査をしても問題なく、咳止めが処方されたが効かないので鍼で何とかして欲しいと来院されました。

   わずか1ヶ月の間に4件もの開業医を回り何の薬も効かず、検査で悪いところも見つかっておらず、熱と言っても37度ぐらいの微熱で夜間は咳が出ない事などから、心因性(精神的な原因)の咳を疑いました。

   家族構成を伺うと女手一つで高校生と専門学校生を育てておられるとのこと、介護職である事などから今自分が寝込むわけにはいかない!と言う切迫感が伺い取れました。咳をする様子を観察すると、のどが気になって咳払いを繰り返している様で、呼吸音も全体に粗い感じはするのですが、明確な異常は認められず、東洋医学的には梅核気(ばいかくき)、西洋医学的には咽喉頭異常感症と呼ばれる症状でした。

   これは、精神的な緊張が高まるとのどに何かが引っかかっているような感じがして咳払いを繰り返すのが特徴で、この方の場合は空咳にまで発展したもののようでした。 ご本人には喉の筋肉が緊張しているための症状なので、咳払いを繰り返すと返って喉を充血させて症状が悪化するので、できるだけ咳をしないように心がけてみてくださいとお話をし、喉周りや、身体の緊張を解すタイプの鍼治療を施しました。

   それから5日後に治療に見えたときの話では、初診翌日には咳をしたくなったら飴をなめたり水を飲んだりして我慢したら咳が止まってしまった。今は時々咳払いをするぐらいで落ち着いているとのことでした。

   その1週間後に治療に見えたときも咳は止まっていて調子が良いとのこと。そこで初めてご家族を事故で亡くされたことの傷がまだ癒えないと言う話が出てきて、これまでの症状を作り出してきた精神的な原因の一つが明らかにされました。

   さらに1週間後まで経過を見ましたが、症状の再現が無かったので治療を終えました。 結論として、元々肺や気管支には異常はなく、精神的な緊張や不安から喉に違和感を感じ咳払いを繰り返す内に癖になってしまった病態のようでした。

   4件の医院でどの医師も患者さんの精神状態に目を向けず、検査結果で異常がないにもかかわらず安易な投薬でお茶を濁す事を繰り返してきたため、患者さんが医者を信頼できずに早々と見切りを付けてドクターショッピングを繰り返す結果となっていたようです。 身体に現れた心の叫びを敏感にかぎ取る感性がないと、いつまでもこうした患者さんは救えないものです
JUGEMテーマ:健康

咳が出て眠れない

  • 2006.04.03 Monday
  • 12:28
24才女性
風邪が治った後に咳だけが残り、床に入ると咳き込んで2日間全く眠れなかったと言ってみえました。声が枯れ、空咳が出て止まらす、首肩が張り、足の冷えが目立ちました。

治療は自律神経の失調を整え、冷えのぼせを改善し肩こりを緩め、咳を静める様にしたところ、咳き込んで横になれなかったのが良くなり、治療後は身体がほぐれて軽くなり、その晩からぐっすり眠れました。

慢性の風邪

  • 2006.04.02 Sunday
  • 13:37
56才女性
年中身体がだるく、寒いと感じるとすぐに風邪のような症状が出て寝込んでしまうので、日常生活もままならないとおっしゃって治療に見えました。

お医者さんで体質改善の注射を二十回打ち、漢方薬も半年飲んだのに良くならず、売薬の風邪薬が四日で一箱なくなるような状態でした。

治療はお灸を中心に月四〜五回のペースで続け、お家でもお灸をすえてもらいました。調子は次第に良くなり、夜トイレに起きる回数が減って良く眠れるようになり、のどのイライラが取れ、だるさもなくなり、三ヶ月で風邪薬を飲まなくなりました。その後もお家でのお灸を続けられ、大変元気な体になりました。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM