高血圧

  • 2015.08.03 Monday
  • 00:14

72才 女性 
当院とのお付き合いは十年になる常連さんです。肩がこる、手がしびれる、頭が痛い、眠れない、動悸がする、おなかの調子が悪い、めまいがするなどなど、調子が悪くなると治療にみえます。たまに何かの拍子で血圧が高くなることもあります。

普段は130台なのですが、疲れたり、心配事があったりすると一時的に高くなるようです。そんなときは決まって頭の後ろが重くなると言います。しばらくすると治まるのが多いので、内科でもすぐには薬を出さず、様子を見ることが多いようです。

とは言っても患者さんにとっては重い頭も何とかしてほしいのが本音です。そんなときは鍼灸治療が役に立ちます。疲れや緊張で一時的に高くなっているものなら、鍼を打つとその場で正常に戻ります。この方も二回治療して頭重も血圧も良くなりました。 

新米鍼灸師のための極意講座↓


続きを読む >>

動悸

  • 2007.05.24 Thursday
  • 23:22
三十代  男性 

子供の時から心臓の動きに異常を指摘されていたそうで、仕事が忙しくなると高ぶってきて脈が速くなり、肩や首が凝ってきて背中の肩甲骨の間あたりがだるくなる。胃の調子も悪く常にムカムカし腹が張る、腰も常にジクジクしている。といいところが無いような状態で来院されました。
 一年四ヶ月の間に三十回治療をしてこうした愁訴が良くなっていった経過を紹介します。

 治療開始四回で腰は楽になり、それから四ヵ月後、背中のだるさが強くなって来院し、背骨のすぐかたわらにツボを取り直したところ背中のだるさも減りました。

 さらに四ヶ月後仕事の忙しさから、胃の調子が悪くなり、(病院で食道炎、びらん性胃炎、過敏性腸炎と診断)血圧が160/110、脈拍も毎分百拍近くになったので、甲状腺を検査してもらいましたが異常は見つかりませんでした。

 普通は頚動脈にある人迎(ジンゲイ)と言うツボに鍼を刺すと脈拍が遅くなるのですが、この方はそれに全く反応せず、大概毎分九十六拍は打つので、夕方には身体がだるくなる状態が続きました。

 治療開始から十一ヶ月してようやく脈拍が治療に反応して遅くなりだし、それに伴って背中の痛みや胃のむかつき、頭痛などの愁訴がなくなる日がでて来ました。

 体重も一年で六キロ減らし、全体的に体調は回復し、仕事で疲れると気が高ぶって脈が早くなり胃のむかつきや背中のだるさなどの症状が強まるものの、鍼灸治療をするとその場で脈拍が正常になり症状が取れるようになりました。

不整脈

  • 2006.04.01 Saturday
  • 22:07
73才女性

以前から腰や膝の痛みで治療にみえていた方ですが、お祝い事があって忙しくしていたら時々胸が痛くなることが出てきました。かかり付けのお医者さんで心電図をとってもらい、血管を広げる薬をもらったのですが、その後も時々症状が現れ脈の乱れも強くなってきたので、心臓のツボを追加して治療をしました。

すると治療前はバラバラだった脈が、治療が終わる頃にはすっかり整ってしまいました。その後も疲れて脈が乱れると鍼治療でおさめて元気にされています。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM