育児疲れによる愁訴(しゆうそ)

  • 2016.06.27 Monday
  • 18:26

JUGEMテーマ:健康

三十代女性

 

 二十代から肩、背中、腰が痛かったが、三年前子供が生まれてから悪化した。最近はめまい、頭痛も加わり、それで耳鼻科にかかっているがスッキリと治らない。休日ゆっくり過ごすと楽になり介護の仕事で悪化する。子供がまとわりついて離れず家事は抱っこしたままでやっている。トイレにも一人で行けない。と言うことで、仕事を辞めようかと悩んでいるということでした。
 

 疲労からくる症状の治療もさることながら、まずは子供のまとわりつきを何とかしないといけないと考え、こんなアドバイスをしました。

 

 「つきまとうのはお母さんが不意にいなくなる不安があるからなんですよ。これまで子供のつきまといを振り切るためにだまし討ちしを繰り返してきませんでしたか?しつこいつきまといはそのツケなんですねー。三才ともなれば言葉が分かるので、トイレに行くならちゃんとそのことを話してトイレの側で待たせましょう。お父さんに預けて外出するときは時計を指して帰る時刻を約束し、帰宅時間を守って子供の信頼を取り戻してください。さらに、普段からうっとうしい位のハグを繰り返せば子供は満足し、不安も解消してお母さんから離れて遊ぶようになりますよ。」と

 

 結果は子供の説得が上手くいって次第に抱っこの時間が減り、身体の症状はコリをほぐすほどに楽になり、三回の治療で終了となりました。
 

授乳による腕の痺れと背中のこり

  • 2015.04.13 Monday
  • 16:35
JUGEMテーマ:育児
37才 女性


 五ヶ月になる赤ちゃんに授乳していると右の背中が苦しくなり、腕がしびれて治療に見えました。

 赤ん坊がおっぱいを吸うのに時間がかかると、お母さんは背中を丸めた姿勢を長く取るためにこうしたことがよく起こります。まだ首の据わらないうちは特に身を硬くして赤ん坊を支えるので大変です。家内も同じことを経験して、肘かけ付きの座椅子を買いました。これだと大変楽に授乳ができて、お母さんは少しぐらい居眠りもできます。

 当院に見える妊婦さんで同じ様な症状のある方にはこの座椅子をお勧めします。この方も座椅子を使って授乳しながら二回続けて治療したら、痛みが四割ぐらいに減り、十二日間で五回治療して治りました。

極意講座↓
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM