顔面神経麻痺

  • 2015.08.24 Monday
  • 22:19
三十代 女性 

二日前から目の奥が痛くなりその後右首肩が苦しくなった。今朝右目のまばたきが悪いことに気づいて脳外科を受診したら顔面神経麻痺と診断され、ビタミン剤を処方された。口の中がザラザラしている。「先生どうしよう」と泣き声で電話がありました。

病院からそのままこちらに回ってもらい、耳の中や麻痺の状態を確認し、MRI検査の結果から、麻痺がまだ完成していない末梢性の顔面神経麻痺と推察しました。一旦全て麻痺してから回復に向かう経過を辿ることを患者さんに告げ、心の準備をするように励ましました。

予想通り二日後の受診日には右顔面は全く動かなくなっていましたが、患者さんはこうなる事を知らされていた分落ち着いていました。私としては得意な疾患のひとつです。これまでの経験と最新の情報から、傷んだ神経には軽い刺激を、首や肩はしっかりと解し神経回復のための血流を確保することにしました。

と同時に、耳鼻科の受診を勧めました。脳に異常が無いことが分かれば、担当は耳鼻科になるからです。脳外科から紹介してもらうように促しましたが、脳外科の医師はそれを拒みビタミン剤だけで様子を見ると主張しました。結局患者さんが自分で耳鼻科を受診したのは発症から二週間後でした。

耳鼻科の医師からはステロイド剤の点滴を打つタイミングを逃してしまったのでもう治らないと告げられ、患者さんは生きていく事に絶望して戻ってきました。しかし、それまでの鍼灸治療ですでに目と口元の動きが改善し始めていたので、ステロイド剤との併用で、もっと回復すると励まし、耳の後ろの圧痛に自宅でお灸をすえてもらう事にしました。

耳鼻科の医師の予測とは裏腹にステロイド剤を飲み始めてから顔の動きはぐんぐん改善し、発症から約三週間でまぶたから動き出し、一ヶ月で、笑うと口元が左へ引かれる程度になり、二ヶ月を待たずして分からない程度まで治りました。

新米鍼灸師のための極意講座↓
続きを読む >>

しゃっくり 

  • 2015.04.15 Wednesday
  • 22:42
80代男性

 8日前からしゃっくりが出て眠れない。3日して病院を受診し、漢方薬をもらい一週間してようやく少し眠れるようになってきた。仕事に集中しようとするとしゃっくりが出て困っている。鍼で何とかならないだろうかと治療に見えました。  

 この方の場合、腕立て伏せを激しくやった後にしゃっくりが出たそうなので、腕にあるしゃっくりのツボと、喉にある交感神経の興奮を抑えるツボを併せて治療しました。  

 喉のツボを刺激すると一時的にしゃっくりが強まったのですが、さらに3〜4分刺激を続けたら次第にしゃっくりの勢いが衰えてきて、そのうち患者さんは眠ってしまいました。刺激を止めて目が覚めるまで様子を見たらしゃっくりは止まったままでした。

 治療を終えて帰宅途中、人と話をしていたらしゃっくりが戻ってしまったものの、以前ほどの頻度ではなくなり、夜も床について30分ぐらいでしゃっくりが止まり眠れたそうです。

 翌日は何かに集中しようとするとしゃっくりが出る状態でした。この日も治療途中で眠ってしまい、しゃっくりは止まりました。3日目は、しゃっくりが時々出没するぐらいになり、4日目は発作が起きませんでした。それから5日して来院したときにはしゃっくりは完全に止まっており、いつもの生活に戻っていました。
JUGEMテーマ:健康

極意講座↓
続きを読む >>

顔面神経麻痺

  • 2008.09.06 Saturday
  • 00:08
40代 女性

沈んで不安げな声で顔面神経麻痺は治りますかと電話がありました。
朝起きたら右目が完全に閉じず痛いことに気がついたそうです。
まだ病院を受診していなかったので、まずはステロイド剤を処方してもらい、そのあとでこちらに受診されることをお勧めしました。

電話から3日後に当院を受診なさいました。
右目の痛みと違和感を訴えてはいるものの、目は何とか閉じられるようでした。それよりも口元の麻痺が強く出ていました。

20年前に2度顔面神経麻痺を経験しており、その都度鍼灸治療で治してきたので、今回もまずは鍼灸治療が先と電話をしたのだそうです。

昔は病院でビタミン剤を処方するのが一般的で、余り効果が良くありませんでした。
最近は発症して1週間以内ならステロイド剤を使うと麻痺が完成しないで回復に転ずるようです。その方が回復までの時間も短くてすみます。なので、こちらも耳鼻科の治療と同時並行で治療することにしています。

鍼灸治療は全身的なツボを使って行いました。目の痛みは1週間で無くなり、2週間で口元の回復が始まり、発症から3週間とちょっとで治りました。麻痺が完成しきらずに回復に転じたので治りは早いほうでした。

三叉神経痛

  • 2006.04.19 Wednesday
  • 01:05
顔の痛み
41才 男性 
朝起きたら左の顔面が痛くなり、常に顔がピリピリ、ドモーっとした感じで時々さし込み、みそ汁など熱いものを飲むと痛みが増すとのことで、左の顔が紅潮し、襲ってくる痛みのためにあまり動けない様子でした。

 痛みの場所から俗に言う顔面神経痛(三叉神経痛)のようでしたが、ピリピリする時はつづらご(帯状疱疹)が出ることもあるので、それを考慮に入れながら治療をしました。

 幸いなことに四日間で三回治療して痛みは治まりました。考えてみると以前にも二〜三度同じような痛みを経験していましたが、今回のようにひどいのは初めてだったそうです。

顔面痙攣

  • 2006.04.06 Thursday
  • 23:47
65才男性 
以前から頭痛肩こりで治療していた方ですが、左の顔がピクピクと痙攣するようになって治療にみえました。いわゆる顔面痙攣です。これは脳の中の血流が悪くなってうっ血し、血管が太くなり、そばを走る顔面神経を刺激するために起こるものです。血管の膨らみが引かなくなると手術が必要になりなかなか厄介なことになります。 

しかしこの方の場合は、疲れがたまって頚や肩がこり、それが脳内の血流を悪くして起こった一時的なものでした。いつものように肩こりの治療をすると、その場で痙攣が弱まり、治療後帰宅して一眠りしたら収まりました。

その後約二週間の間に六回治療して大分起こらなくなりました。疲れて肩がこると時々痙攣が起こることがありますが、その都度鍼治療ですぐに収まり、最近は余り起きなくなりました。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM