筋肉の緊張が解けなくなった背部痛

  • 2016.05.12 Thursday
  • 22:29
男子中学生 バスケ部  

 2日前バスケの部活中に背中が痛くなり出したそうで、試合中背中の痛みに耐えられなくなってプレーが出来ないのを見たお母さんが治療に連れてきてくれました。背中の筋肉を使うバスケのディフェンスなどは辛く、寝ていると楽だとのことでした。

 身体を前屈みにすると背中が突っ張って痛みが強くなるので、背中の筋肉が硬くなったままゆるまない為に起きている症状のようでした。

 鍼治療は初めてでしたが、ていねいに筋肉の緊張を緩めるように治療したところ2日後には左に少し痛みが残っているぐらいになり、3回の治療で良くなりました。

 硬い筋肉をピンポイントで緩めていける鍼治療はこういう症状に最適です。
JUGEMテーマ:スポーツ

背中の痛み

  • 2010.01.23 Saturday
  • 23:34
30代女性

3週間前から肩甲骨から腕にかけて激しく痛み出し、整形外科で肩のレントゲンを撮ってもらったが異常なく、筋肉痛だろうと診断された。

筋弛緩剤と痛み止めを1週間飲んで痛みがジワジワとした感じに代わったものの力が入らなかった。今は背中に鈍い痛みが残っていて寝ていると楽だが頚を下に曲げると悪化する。と言って治療にみえました。

ちょっと専門的ですが、左のモーリーテストとライトテストが陽性で、頚の動きで痛みが増すことから頚から腕に走る神経の拘厄障害だろうと判断しました。

(分かりやすく説明すると、頚から出た神経が腕や肩に届く途中で何かに締め付けられることによって起こる症状です。頚の前の付け根や、鎖骨の下あたりで筋肉が緊張して神経を締め付けている所見が見られました。)

症状の急性期は過ぎているようでしたので、緊張部を緩めるように鍼をしておいたら2回の治療で症状が3割にまで軽減したので治療を終了しました。

鍼をすると手が温まるのが分かると喜ばれました。


みぞおちと背中の痛み

  • 2007.10.23 Tuesday
  • 09:09
40代 女性
3ヶ月ぐらい前から朝起きがけに背中が痛く、みぞおちも重苦しくなる
と言って治療にみえました。

仕事の疲れが溜まっていて胸焼けもすることから、多少胃の荒れが背中の痛みを引き起こしている可能性と、背骨の圧痛が非常に強く見られ姿勢も前かがみになっているようで、精神的ストレスと姿勢の悪さも症状を強めているようでした。

西洋医学的にこうした症状には病名をつけようがなく、レントゲンを撮っても診断はつかず、痛み止めもピントハズレな治療になってしまいます。
こんな時に鍼灸治療はもってこいです。背中から肩にかけての緊張を解し、背骨の上の圧痛にお灸をすえたところ、一回の治療で痛みは半減し、二回治療して朝の痛みは取れてしまいました。もちろんみぞおちの痛みも一緒になくなりました。

背中の痛み

  • 2007.10.22 Monday
  • 09:57
60代 女性

4日前、お葬式騒ぎで疲れが溜まっていた矢先、トイレでズボンをあげようとして背中から腰にかけてビーンと痛みが走り、以来腰を伸ばせなくなった。

病院の整形外科を受診し、骨密度が低いと指摘され、痛み止めをもらったが、あまり薬を飲みたくないのと、シップは負けるので使えないため鍼灸で治して欲しいと治療にみえました。

腰掛けた状態から背中の力を抜くと背中の下のほうに痛みを感じ、腰を反らせば腰の下のほうが痛くなり、頸も背中も疲労のためにかなり張っていました。
軽い骨粗しょう症がベースにあるところに疲労が重なって起きた腰背部痛でした。

凝りを解して痛みを和らげ、疲労を回復するように治療する事で、12日間で3回治療して治りました。

背中の痛みその二

  • 2006.06.13 Tuesday
  • 22:07
41才 男性
 四年前トラックの荷台から落ちて背中を打った。以来寒くなると背中や腰に痛みが出るようになった。剣道の稽古をしたせいか一昨日から痛みが強まり背筋を伸ばすと痛い。近々剣道の昇段試験があり早く治したい。と言って治療に見えました。

 この時は夏だったのですが、寒くなると痛むことから背中に鍼を打ちながら温灸をしたところ翌日には痛みが半減し、こった所をほぐして一週間で四回治療して治り、無事七段の昇段試験に合格しました。以来何度か同じ様な痛みを起こしては四〜五回の治療で治まっています。

背中の痛みその一

  • 2006.06.12 Monday
  • 21:38
29才 男性
 一週間前ボートをこいでから背中が痛くなり出し、昨日ゴルフの練習をしたらさらに強まった。じっとしていても痛く、身体を動かすとズキッと来ると言って治療に見えました。

 最初の治療で大分動かせるようになったのですが、その後ちょっとした拍子にギクっと来てぶり返し、それから二回治療して痛みが三割に減り、さらに五回治療してゴルフの練習ができるようになり、約一ヶ月半で十一回治療して良くなりました。

背中と脇の痛み

  • 2006.04.28 Friday
  • 00:18
83才 男性  
山の斜面を登るとき木の枝をつかんだら背中がピクッといい、その晩から背中と脇が痛み出した。病院でレントゲンを撮り骨に異常は無いと言われ、シップと痛み止めをもらって一時治まったかに見えたが、二日前に少し動いたら胸まで激痛が走り、仰向けになれず寝返りも打てなくなった。また病院に行ったものの痛みが取れないので診て欲しいと来院されました。

やや猫背気味の背中を無理に反らしたために起きた肋間神経痛の一種でした。治療した晩は朝方まで良く眠れ、二日続けて治療して痛みはぐっと減り、十日で四回治療して痛みはほとんど無くなりました。

骨粗しょう症

  • 2006.04.27 Thursday
  • 00:05
71才 女性 
一ヶ月前にエスカレーターで転び腰を打ったのがきっかけで右の腰と脇腹が痛くなり、整形外科で骨粗しょう症と診断された。痛みの為に寝起きがつらくてベッドを買ったが、横になると起きるのがつらいので日中は休めない。洗顔や、モップがけでツーんとした痛みが走ると言って治療にみえました。

 最初の治療で走る痛みが減り、二回の治療でモップがけが楽になりだし、五回の治療で寝起きの際の痛みが減り、日中も横になって休めるようになりました。その後週に一〜二回のペースで治療を続け、三ヶ月でスムーズに動けるようになりました。今も腰が重くなることがあるので時々治療しています。

骨粗しょう症は骨の中のカルシウムが減って骨が弱くなる病気です。閉経後の女性に多く見られ、こうした人がしりもちをつくと腰の骨がつぶれることも多く、しつこい痛みが長く続くものですが、鍼灸治療をすると、じわじわと効いてきて良くなるものです。骨が悪いのだから鍼は効かないと思っている人もいるようですが、現実には痛みが減り楽になります。
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM