腕の痛みとしびれエトセトラ

  • 2020.01.23 Thursday
  • 00:21

JUGEMテーマ:健康

60代女性

 

「1週間前から左腕がしびれて痛んでる。整形外科で筋肉痛だろうと言われた。処方された痛み止めは効かす、湿布のほうが少し良いぐらい」と言って来院されました。

 

左を下にして寝ると2〜3時間で腕の後ろ側にしびれと痛みが出て来て、起きて動かすとましになるのをここ3日は繰り返しているそうです。日中しびれは出ないもののツッパリ感があり、中指と薬指に痛みを感じ、前腕はズキズキするとのことでした。

 

部屋の片付けをしたぐらいしか思い当たる原因は無いそうです。肩の前と後ろが凝っていたので、まずはそこを解してみました。

 

5日後にいらしたときも、症状は楽になっておらず、夜は上腕の後ろにズーンとした痛みが出て、手のひらにもズキズキとした痛みを感じるとのことでした。

 

そこで、もう一度丁寧に痛みの発信源を探索したら、上腕三頭筋の付け根(肩の後ろ)に押すと痛みが再現できるポイントが見つかったので、そこに鍼を打ったところ、6日後にいらした時には症状がほとんど良くなっていました。

 

結局3回の治療で終了となりました。

 

↓新米鍼灸師のための極意講座

続きを読む >>

軽作業で起きた腕と背中の痛み

  • 2020.01.12 Sunday
  • 21:15

JUGEMテーマ:健康

60代 女性

左手で物を押えてカッターで切る作業を2時間程したせいか、左の背中から腕にかけて痛くなった。1週間様子を見ていたが、治らないので治療して欲しいと来院されました。

 

寝てると楽で、起きてるとつらく、前屈みで悪化するそうです。普段使い慣れていない筋肉を集中的に使うとこうした事が起こります。この方の場合は、首肩、肩甲骨の内側、腕の後ろ側などに痛みが広がっていたので、硬くなった筋肉を解すように鍼を打ちました。

 

ところが治療中ずっと身体に力を入れっぱなしで緊張が解けないので、なかなか痛みが楽になりません。いわゆる中枢感作(ちゅうすうかんさ)が起こっていました。痛みによって脳が興奮して過敏になっている状態です。

 

そこで、自分が腕や肩に力を入れていることに気がついたら力を抜くようにお願いし、お家でアイシングもしてもらいながら3回治療したら痛みが治まり、5回の治療で終了となりました。

 

新米鍼灸師のための極意講座↓

続きを読む >>

スコップの使いすぎによる手首の痛み

  • 2018.07.13 Friday
  • 20:03

JUGEMテーマ:健康

 50代男性

硬い雪をスコップで崩しながら片付けるのを3日間やったら右手首が痛くなった。
整形外科を受診し腱鞘炎と診断され痛み止めと湿布を処方されたが変わらないと来院されました。
右の手首から上が赤く腫れて熱を持っていました。手首を動かすと腫れたところがギシギシと音を立てる状態でした。
使いすぎた右腕のつけ根から痛みを起している患部まで反応の出ているところをほぐし、赤く腫れたところは極細の鍼で治療し、アイシングを施しました。
おうちでも継続して冷やすようにお願いし、2日続けて治療したら痛みが減り5回の治療で良くなりました。

 

頸肩腕痛

  • 2015.04.16 Thursday
  • 12:43
JUGEMテーマ:健康


50代女性


 
 仕出し弁当を24個も袋に入れて左腕だけで運ぶことが続いたせいか、左肩から腕にかけて痛いと治療に見えました。

 明らかに使い過ぎだったので、凝った筋肉をほぐす治療をした後、弁当の運び方を工夫できないかいろいろとアイディアを出してみましたが、どれも受け入れてもらえませんでした。 

 そこで、持っていたカバンが随分重そうだったので、そのカバンをリュックに変えて背中に背負ったらどうかと言うと、それも出来ないと言って帰って行かれました。

  しかし、その後いらないものまで持ち運んでいる事にご本人が気がついてカバンの中身を整理したら、カバンも頚肩の痛みもグンと軽くなったそうです。以後治療の経過は順調で、二週間で四回治療して良くなりました。

 「私が頑張らねば」と云う思いが、あれもこれも持って歩く習慣に繋がっていたのかもしれません。結果として身体をいじめることになっていたようです。

 カバンの中身を整理しながら心も整理がついたのでしょうか、いらぬ力みがとれて治療効果もグンと上がりました。

極意講座↓
続きを読む >>

頚肩痛

  • 2014.11.27 Thursday
  • 11:33
70代女性  

 二週間前から右の首と肩を動かすと痛くなりだした。痛み止めを飲んだらだいぶ良いが治りきらないと言って治療に見えました。  

 頚をどの方向に動かしても右肩に痛みを感じる状態でした。筋肉の問題(トリガーポイント)だろうと思って、頚のコリと痛みが一致する筋肉の深いところに治療したら夜眠れるようになり、痛み止め無しで湿布だけでしのげる状態になりました。  

 二回目も深いところにあるコリを取ろうとしたのですが、反応がいまいちだったので、ご本人の訴えに従って表層のコリに鍼を当ててみたところ痛みがグンと減り、その後半月で五回治療して良くなりました。  

 「鍼はどのぐらいの深さまで刺すのですか?」とよく聞かれます。答えは、「悪いところまで」となります。この方の場合、トリガーポイントが浅い所にも深いところにもあったようで、両方ほぐしたら良く効きました。
JUGEMテーマ:健康

右手の脱力感

  • 2014.02.13 Thursday
  • 16:14
40代女性  

 1週間前水が沢山入ったじょうろを高く持ち上げて水やりをしたら右腕に力が入らなくなり、コップを持つ手が震えるようになった。右の腰と頚も痛いと言って治療に見えました。  

 右の頚から腰までの筋肉が硬くなって圧痛があり、頚を動かすと右肩や背中に痛みが走る状態でした。握力を測ると、右23キロ、左17キロで右手の筋力低下は無いようでした。無理な力を入れたために筋肉が硬直して起きた症状でした。  

 硬くなった右側の筋肉をほぐしたところ、治療後すぐに右手に力が入るようになったので翌日雪片付けをしたらまた戻ったとのことでした。週に一度の治療を4回して全ての症状は消えました。
JUGEMテーマ:健康

頚肩背中の痛みと肋骨の痛み

  • 2012.10.28 Sunday
  • 17:44
50代女性

   頚椎の変形と背骨の側弯があり、以前から時々頚肩背中が痛くなる。今回は10日前から症状が出ている。さらに1年前右の脇腹に一輪車をぶつけて治るのに2〜3ヶ月かかったことがあり右腕を使って疲れると痛くなる。と言って来院されました。

   介護の仕事をされているために腕の使いすぎで前頸部の筋肉がガチガチに凝っていました。初診では前頸部と右頚、肩、背中にあるコリを解し、右脇腹の圧痛にも鍼を刺しました。2回目の治療では症状が少し軽くなっていました。

   そこで、肩甲骨と背骨の間にある筋肉と肩甲骨の裏側にある筋肉のコリを解す鍼を追加したら、3回目の治療の時は症状は8割減になり、5回目の治療の時は痛みを忘れたとおっしゃり、軽いめまいが出ていたのもなくなったとのことでした。

   最終的に5週間で7回治療して良くなりました。
JUGEMテーマ:健康
JUGEMテーマ:健康

波形枕が影響した頚肩の痛み

  • 2011.06.28 Tuesday
  • 23:32

60代男性

1か月前朝起きたら頚と肩が痛くて動かせなくなった。整形外科でレントゲン写真を撮ってもらい、頸椎の5番6番の間が狭いと言われ、薬と電気治療を受けるも全く良くならない。朝起きるときは上半身が全部痛み、4〜5日前から咳や深呼吸で両脇にも痛みが走るようになった。と言って治療にみえました。

身長170兮僚58圓帆蕕擦董△なり筋力のない身体をしていました。また、左膝の腫れと痛みも伴っていました。



痛みで右が向けず、上を向くのも辛い状態でした。横になって寝ているのが一番楽にもかかわらず、朝起きるときが一番辛いと言うので、枕と、寝相を尋ねると、頚のところが高くなっている波形の枕をしていることが分かりました。そこで、バスタオルを畳んで作った枕に頭を乗せて仰向けに寝てもらい、首の痛みを感じない高さを探しました。次ぎに、治療室で使う角枕にバスタオルを乗せながらこれも首の痛みが無くなる高さを探しました。こうして、仰向けと横寝それぞれの寝相に合わせた枕の高さを決めて、それを使うように指導し、波形枕の使用は止めてもらいました。

 

次ぎに、頚の圧痛部位と膝の周囲に鍼を打ち、膝のアイシングをしたところ、4日後には膝の腫れが引き始め、1週間で頚の動きが良くなり、10日ほどでひどい痛みは治まってしまいました。

鍼を打たなくても治った話

  • 2010.07.14 Wednesday
  • 00:31
私の治療の理想は、鍼を打たずして治してしまうことです。とかく鍼灸師は独自の鍼灸理論で病態の全てを説明しようとしたり、鍼のテクニックによって症状を無くそうと夢中になる傾向があります。

でも、もっと大切なのはその症状が起こってくる背景を理解し、心や生活上の歪みを正しておくことだと思います。そうすれば治療そのものが必要なくなる場合もありますし、簡単な治療で治してしまうことも出来ます。

 つまり、治療効果が最大限に発揮できる下地を作って治療することが大事なのです。

 今回は患者さんの様子をよく観察することで、症状の背景を推察し、原因を取り除いてあげることで治療効果を上げた例を3つ紹介します。

手の痺れ
40代男性

2ヶ月前から右手が痺れ冷たく感じるようになったと言って治療にみえました。

治療ベッドに腰掛けた姿勢は、疲れたようにぺこっとお腹をへこまして背中を丸め顎を上げた状態なのが気にかかりました。

左の首を伸すような姿勢を取ると腕に痺れが出るために、頸肩腕症候群と判断し頸部で緊張している筋肉を解すように鍼をしたところ2回で症状は大分軽減しましたが、完全に取り切れるところまでは行きませんでした。

患者さんに背中を伸して姿勢を良くすると手の痺れは治ってしまうことを話しておいたところ、半月して治療にみえたときには手の痺れはなくなっていました。本人が気持ちを切り替えて姿勢を正すように気をつけたのだそうです。

人の姿勢は多分に気分の影響を受けます。「疲れたなー」とか、「つまんないなー」とか、「しんどいなー」と言った気分の時は背中は丸くなりがちです。長期の単身赴任生活や、なれない土地での仕事のストレスなどが丸い背中に現れていたのかもしれません。


私の指摘を受けてご本人が思うところがあったのでしょう。姿勢を良くするように心がけたら頸椎にかかる負担も減って痺れも治ってしまいました。

しゃきっとした姿勢で治療ベッドに腰掛けた患者さんを見て、痺れと一緒に気分の落ち込みも大分減ったように見えました。


頸肩腕症候群

  • 2009.01.27 Tuesday
  • 08:03
頚が悪くて頭が痛くなったり、頭皮が触れなくなる症例を紹介しましたが、
今度は髪の毛が気になっていじってしまうことから両腕がだるくなり箸も持てなくなった症例の話です。


50代 女性

 半年前から縮れ毛矯正でアイロンをかけてもらったら髪の毛が気になって常に髪に手が行くようになった。耳の回りがチカチカと痒くて掻き過ぎたらクサができた。常に毛先が気になっていじくりまくって一ヶ月したら両腕の付け根からだるくなり、常にビリビリする。指が腫れて来たので指輪も外した。

 マッサージをすると楽だが腕を使うとすぐに辛くなる。さらに1週間前から右腕がけいれんして箸が持てなくなりフォークで食事している。肩もこる。とのことでした。

いらいら

 神経質で、執着気質の人にこうした行動が起こりがちです。以前歯科治療で詰めた歯が気になって舐めていたら、舌先と唇の裏がピリピリと痛くなり、原因不明の痛みとして6年間も大学病院のあらゆる科を回って検査し、最後に私のところで舐めるのを止めさせたら症状が消えた患者さんがいました。

 こうした患者さんは強い不安が根底にあるので、それを引き出しては共感し、本人に気づかせ、症状が起きている理由を説明して安心させながら治療していくと、効果はすぐに現れてきます。

 この方の場合、近々にご家族を亡くされたり、大病した方が出て大変ショックなことが続いたあとでした。潜在的な不安から毛先のチクチク感に対する強い執着が起こり、結果として腕を使いすぎて斜角筋(しゃかくきん)という頚の筋肉が緊張を起こし腕に行く神経と血管を圧迫して症状が出ていました。

 この筋肉をほぐし、身体全体の緊張をゆるめる治療をしたところ、翌日には手の腫れが引き、髪も触らないようになりました。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM