打撲による膝痛

  • 2015.04.08 Wednesday
  • 10:05
JUGEMテーマ:健康

女子高生

 一ヶ月前クラスマッチでバスケットボールの試合中に転倒させられ膝の内側を床に強打し、
その上に乗っかられて歩けなくなった。整形外科で診てもらい内側側副靱帯と半月板の損傷と診断され、一週間ギブスをされて電気かけに通った。その後は湿布を出されただけで治療がない。歩くと痛く運動が出来ないと治療に見えました。

 初診では打撲した部分の治療をした上で靱帯に沿ったテーピングを施したのですが、効果はいまいちだったので、二診目にあらためて転倒したときの様子を確認し、膝の所見を取り直しました。すると、内側側副靱帯の場所ではなく打撲したと思われる場所に圧痛が見られました。

 本当に内側側副靱帯の損傷はあったのだろうか?と整形外科の診断に疑問を感じながら、膝内即の打撲による骨膜の痛みが残っているのだろうと判断し、骨膜に対する鍼治療と膝内側を走る筋肉に沿ったテーピングに変えたところ痛みが急に減り、四回の治療でソフトボールのクラブ活動に復帰することが出来ました。

極意講座↓
続きを読む >>

スクワットが仇になっていた膝痛

  • 2013.10.25 Friday
  • 23:24
60代女性

 2〜3ヶ月前から立ったり座ったりするときに膝に痛みを感じた。その後一時自然に寛解したが、1週間前から再発した。外科医院でエコーとレントゲンを撮ってもらい、炎症と言われ湿布と薬をもらったが効果はない。立っている分には膝が苦しいだけだが座れない。と言って治療に見えました。

 両膝に水がたまっており、特に左が多く、左膝蓋骨(膝の皿)の上端から太ももの前面に強い圧痛が見られました。 膝の皿と太ももの骨が接するところの軟骨が削れて痛むタイプの膝痛でした。ゴルフが趣味で、足腰の鍛錬に毎日スクワットをされていたそうです。このタイプの膝痛にスクワットは逆効果なので、止めてもらうことにしました。

 治療は太ももの筋肉(大腿直筋)をほぐし、膝周囲に刺激して痛みを減らすように鍼をして、膝のアイシングを追加しました。6日後いらしたときには階段の上り下りが楽になり、2週間後には水もだいぶ引き痛みも減りました。太ももの筋肉と内股の筋肉の強化運動をお教えしてアイシングも続けてもらいながら治療をし、1ヶ月後には3日間ゴルフを見に行って毎日2〜3万歩歩いたが大丈夫だったと喜ばれました。
JUGEMテーマ:健康

かかとの痛み

  • 2012.11.07 Wednesday
  • 00:16
40代女性

   春頃から右のかかとが痛くなった。歩き始めが悪い。7月に整形外科を受診して飲み薬と湿布をもらい、電気治療と2週間に1回かかとに注射も打ったが症状変わらなかった。と11月に治療に見えました。かかとには注射を打った跡なのか3センチ四方のしこりができていました。

   しこりにお灸をすえてふくらはぎに鍼を打ち、足底にテーピングをしてかかとを保護し、仕事の時に履いているサンダルを止めズックを履くように指導しました。テーピングを貼った直後からかかとの痛みは減りました。 2回目の治療から、しこりを取るために、かかとにオイルマッサージを施しました。震災後飼い犬が家の中を嫌って吠えるので、長いときは2時間も外を散歩していたことがかかとを傷めた原因かもしれないと話してくれました。

   3回目の治療時には痛みも減り、かかとのしこりは何となく腫れているくらいにまで良くなりました。5回の治療でしこりも無くなり痛みも取れたので終了にしました。 結局かかとに注射を打ったのが返ってあだになったようでした。
JUGEMテーマ:健康

膝痛(棚障害)

  • 2012.07.06 Friday
  • 00:15
50代男性  

   数年前から左膝の内側が痛い。膝を軽く曲げた角度が一番痛く、膝の力が抜けてしまうことが多い。整形外科で変形だと言われ水を抜いてもらったこともあるが最近悪化している。とびっこをひきながら来院されました。

    膝は少し水が溜まって熱を持っていて、膝蓋骨(膝の皿)の内下方に圧痛が見られました。これは単なる変形性膝関節症ではなく、棚(タナ)障害のようでした。約半数の人に膝の内側に棚と呼ばれる滑膜のヒダがあり、それが大きい人は膝蓋骨と大腿骨の間に挟まって痛みを起こすことがあります。慢性化するとヒダが分厚くなって膝を曲げる度に骨の間に挟まって痛みを出すようになるため、手術で切除することもあります。  

   この方の場合治療は膝内側の圧痛点に低周波通電をしながらアイシングを施し、家でも一日2回膝を冷やすようにお願いしたところ、治療後調子が良かったのでつい動きすぎて痛みが戻ってしまったと言うことでした。2診目からは治療効果を長引かせるために痛いところに置き針(円皮鍼)を貼ったところ順調に痛みが減り、3回の治療で平地を歩くときの痛みが無くなり、軽い屈伸で起きていた痛みも減り、1ヶ月で5回治療して良くなりました。
JUGEMテーマ:健康

足の甲の痛み

  • 2011.12.25 Sunday
  • 00:11

JUGEMテーマ:健康

七十代 男性

 二日前から両足背(足の甲)が痛くて歩くのが辛いと治療にみえました。思い当たることは何もないと言います。足の甲を押すと痛いところが数カ所ある以外腫れも無く、原因がよく分かりませんでした。

 足の指の間に鍼を刺してみましたが、三日後の時点で痛みは変わらなかったので、足底を支えるテーピングを追加したら歩行痛が軽減しました。
 それから三日後来院したときには、足の甲が腫れて、圧痛も強くなっていました。そこで、アイシングを追加して足底のテーピングもなるだけ貼ったままにしてもらったところ、左足の痛みが減って右だけに絞られてきました。
 五回目に来院されたときに履き物によって痛みに違いが見られることに気がついたとのお話しでした。スリッパや、サンダル、長靴を履いたときは痛くなく歩けるが、短靴はダメだそうで、どうやら歩くときに靴によって足の甲が圧迫されて痛みが出ていたようでした。
 そこで足の指の間よりも足根骨の間(足の甲)にある圧痛に鍼を刺して低周波を流しアイシングをして、短靴を履かないようにお願いしました。その後は仕事の時は長靴を履くようにしていたら痛みが明らかに減ってきて、1週間後に見えたときには足の痛みがグッと減り、その日の治療翌日には痛みが消えたとのことでした。       

変形した膝の痛み

  • 2011.12.08 Thursday
  • 19:18
九十代 女性   

 一ヶ月前から両膝が痛くて踏ん張れない。整形外科では膝の軟骨が減っていると言われ痛み止めをもらったが変わらない。と娘さんの手につかまってやっと治療室に入って来られました。十一月末のことでした。              

 膝は強いO脚(がに股)で特に右膝は外に大きく曲がり、腫れて熱もあり痛くて曲げられませんでした。左の膝はゴリゴリ音をたてながらも90度ぐらい曲がりました。本人はかなりの興奮状態でハーハーと荒い息をしながら「右膝に力が入らなくて歩けない」と訴え続け、パニック状態(混乱した状態)でした。               

 ご本人が寝たきりになる恐怖心から、歩く練習を続けたことでかえって膝痛を悪化させていました。こういう場合心理的サポートもしながら治療を進める必要があります。                

 まずは鍼が効くことを実感させてから大事なことの説得です。膝に鍼を打ってアイスノンで冷やし、さらに足と肘にあるツボに鍼をして膝の曲げ伸ばしを行わせると、先程まで全く曲げられなかった膝が曲がり始めました。十分ぐらいの間に時々膝の屈伸を繰り返し、次第にスムーズに動くようになると、患者さんは落ち着きを取り戻しました。               

 そこで、「早く治すためには私の言うとおりにしてくださいね。」と念を押し、膝を持続的にアイスノンで冷やすことと数日間の安静を指示しました。治療を終えて帰るときには来たときより歩きやすくなっていました。            

 二日後だいぶ歩けるようになっていましたが、本人は「いくら痛いと言っても家族は分かってくれない」と主張し、娘さんは「いくら説得しても分かってくれない」と返します。老人の心理を理解するのはなかなかに難しいことであり、不安を和らげてあげることもまた難しいことです。        

 その後五回の治療で膝の熱は減り、両膝90度まで曲がるようになったので、椅子に手をついて足踏みをするリハビリ法を指導しました。九診目には両膝が120度ぐらい曲がるようになり腫れもほとんど引きました。本人は痛いとしか言わないのですが、十二月の末には両杖歩行から杖なし歩行に挑戦するようになり、年明けに整形で膝に注射を打ってもらったら、一時痛みが取れたので、試しに片足立ちをしたらまた痛くなってしまいました。               


 一月中は我慢の治療とリハビリが続きました。二月に入って意欲が出てテレビを見るようになり、買い物に連れ出したら思うように歩けず、本人が怒り出したそうです。さらに三月いっぱい地道な治療が続き、本人はいつも「右膝に力が入らないので歩けない。歩かないでいると惚けてしまいそうだ。こんなに頑張っているのに良くならない」と嘆きながらも娘さんの指導に従ってリハビリを頑張りました。     

 さらに内股を締める運動を追加してからO脚が少し改善し、五月に入って散歩するようになり気持ちも上向いて積極的に運動するようになりました。六月半ばになると娘さんの手を握りながらも、すたすた歩くようになり散歩や手作業なども自らやるようになりました。それまで月五回ぐらいだった治療を月二回ぐらいに減らして現在も通院されています。              

 娘さんには一時どうなることかと心配したばあちゃんが元に戻ったと喜ばれました。      
JUGEMテーマ:健康

膝の痛み

  • 2011.09.03 Saturday
  • 00:02
77才女性  

 1週間前立ち上がったときに膝が痛くなった。はじめは左膝の内側だったのが、右も痛くなってきた。立ち座りや歩くのが痛いと治療に見えました。  

 左膝は水が溜まっており両膝の内側に強い圧痛がみられました。左のマクマレーテスト(膝の中の軟骨に負荷をかけるテスト)が擬陽性で半月板に少し負担がかかったようでした。  

 ご本人が冷えが原因でこうなったとおっしゃるので、腫れている膝をアイシングで冷やすことはせず、鍼灸治療のみで様子を見ました。また、横になって寝る際膝の内側同士が当たって痛そうなので、膝の間にバスタオルをたたんで入れるように指導しました。  

 1回の治療で歩くときの痛みが減り腫れも引きました。4日間で3回治療して治りました。
JUGEMテーマ:健康

普通に歩いて取れた足の痛み

  • 2010.07.24 Saturday
  • 00:19
50代男性

10日前に右足で小石を踏み抜いて5針縫った。
抜糸したが不安で足が付けない。
傷を浮かした格好で歩いているせいか、腰も肩もあちこち痛くなってきた。
と言ってびっこを引きながら治療にみえました。



痛いところの治療を一通りやり終わってから、びっこを引かず、傷口をかばわないでゆっくり正しく歩くように指示しました。患者さんは恐る恐るでしたが、ちゃんと傷口も床に付けて歩くことが出来ました。その後も怖がらずに歩くことを約束させて帰しました。

足を怪我すると傷をかばってびっこを引くのが常ですが、そうすることで治りは極端に遅くなってしまうばかりか、あちこちに痛みが広がってしまうことも多いものです。この方の場合も、腰や肩にまで凝りや痛みが広がっていました。

傷をかばうことで脳に「その場所が痛いんだ」と記憶させてしまうため、いつまでも痛みが取れなくなる場合があります。傷があらかた治っているのであれば、「そこはもう大丈夫なんだよ」と自分の脳に教え込んで、痛みの記憶を消してしまうと残ってる傷の治りも早くなるのです。さらに、かばった歩き方による余計な痛みを引き起こすこともなくなります。

こうした痛みの記憶を消すのに鍼の鎮痛作用は役に立ちます。上手くすると、わずか1本の鍼を1仍匹垢世韻納茲譴討靴泙Δ海箸發△蠅泙后治療後その場でゆっくり正しく歩かせて、ちゃんと歩けることを本人に自覚させることが出来ます。

この方の場合も1回目の治療後びっこを引かないようにしていたら、それっきり下肢痛も腰痛も治ってしまいました。

足首の捻挫

  • 2010.01.18 Monday
  • 22:36

40代女性

昨日立ち上がろうとして右足首をこねってしまい、痛みが続いていると治療にみえました。外踝の下に圧痛と熱感があるものの、腫れや内出血は見られませんでした。

軽い捻挫のようです。痛いところとは反対側に鍼をして低周波を流し、患部は冷やしたあと痛みを減らす鍼をしてテーピングで固定しました。

2日後にはまだ腫れと痛みは残っていましたが、仕事は休まず何とかこなせました。6日後には痛みは大分軽減したので患部に低周波を流し、2週間後には腫れも引いて合計4回治療して治りました。

ベーカー嚢腫

  • 2008.08.19 Tuesday
  • 00:15
膝裏の腫れ

72歳 女性


左膝の裏に固まりができた。何でしょう?悪いものじゃないですよね。
と心配そうに聞かれた、膝の裏を触ってみると硬くてきょろきょろとしたピンポン球ぐらいの大きさの固まりが触れた。
ベーカー嚢腫(のうしゅ)だ。

膝の裏にある滑液包(膝の関節の滑りを良くする液体を分泌する袋)に炎症を起こして水が溜まったものだ。
でも大概は膝自体の炎症で溜まった水が動きに影響の少ない膝裏の滑液包に逃げ込んだものが多い。

この方は、軽い膝痛があるところに少し長歩きをしたらこうなった。
余りに硬いので、ご本人はまさか水が溜まっているとは思えず、腫瘍でもできたのかと心配されたらしい。

週に一回の鍼治療とアイシングをしたら、一月ぐらいで腫れが引いて気にならなくなった。
途中念のためMRIで診てもらったが診断は同じだった。

その後も少し無理をすると腫れてくる傾向にあったが、早めに手当てしてひどくならずに治められている。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM