生理による頭痛

  • 2015.04.13 Monday
  • 16:53
30代女性

 1年前から生理1週間前になると頚肩こりと腹痛がひどくなってきて、さらに悪化すると頭痛が起こる。肩こり体操で肩の上げ下げや頚を回してみるが、余計に痛くなって体操を止めてしまった。

 頭痛薬を飲んで痛みを抑えたりするが、時々クスリが効かないことがあって、会社を早退せざるを得ない時もある。と言って治療に見えました。  

 冷えを取り、頚肩と腰の凝りを取る治療をしたのですが、3日後生理が来たら頭痛が良くなってしまいました。頭痛と生理の因果関係がはっきりしているようだったので、生理の約1週間前に来院してもらい肩こりと生理痛に対する治療に加え、三陰交(さんいんこう)に円皮鍼(えんぴしん)を貼る治療に切り替えたところ、クスリを飲むような頭痛は数えるほどしか無くなり、冷えも肩こりも軽くなりました。

 これまで約2年間経過を見てきましたが、ずっと順調で、月に1回ぐらいのケアーで体調管理が出来ているのでとても楽だと言ってもらえています。
JUGEMテーマ:健康
極意講座↓
続きを読む >>

生理で悪化する肩こりと緊張性頭痛

  • 2013.07.24 Wednesday
  • 23:57
30代女性

   1年前から生理前に肩こりがひどくなり頭痛も起こる。肩こり体操で首を回してみるがかえって症状は悪化する。頭痛薬も時々効かないことがあり、つらくて会社を早退することがある。鍼で治らないだろうかと来院されました。
 
   ずっと立ちっぱなしでパソコン画面を見ながら検査をする仕事で、背が低いので少し上を見上げるような目線になるとのこと。これでは、目から入る強い光を調整するために瞳孔は強く絞られたままになり、目線を上げるためいつも後頭下筋群や頚の筋肉に負担がかかっている状態で、どちらも頭痛をひき起こすには十分な悪条件が揃ってました。
 

 まずは蓄積した筋肉のこりと疲労を改善して頭痛と肩こりを良くする治療を2週間の間に3回行い、症状が消失したところで、生理の始まる1週間ぐらい前に来院していただくことにしました。その間自宅で頭痛肩こりのツボに施灸してもらいました。

 そして生理予定日の1週間前に来院してもらったときは頭痛もなく体調は良好で、お灸を継続しておられました。予防的に三陰交というツボに置き鍼(円皮鍼)を貼って、さらに1週間間隔で生理中と生理後に来院してもらい治療しましたが、生理痛も軽かったことが確認できました。

 その後は生理前に1回来ていただいてく形で5ヶ月経過を見ましたが、頭痛はほとんど無くなり、大変快適に過ごせてると喜ばれました。 この方はその後も月一回の治療を継続されており、忙しすぎると症状が出ることもあるものの、鍼灸治療で程なく治まり、体調は以前とは比べものにならないほど良い状態で働けています。
JUGEMテーマ:健康

妊婦のおしりの痛み

  • 2013.07.14 Sunday
  • 17:25
30代女性 妊娠7ヶ月

 旅館で働いており、階段の上り下りが多い仕事をしている。1ヶ月前から左のおしりが痛くなり、2〜3日前から急に痛みが強まった。産休まではあと1ヶ月ある。病院を受診したが湿布を処方されただけで効果はない。階段の上り下りと、しゃがんで立ち上がるときが痛い。鍼で何とかならないだろうかと来院されました。

 問い合わせの電話を受けたときに、かなり興奮されてるのが受け取れました。日に日に痛みは増し、頼りの医者は役に立たず、仕事は休むわけにもいかず、産休まであと1ヶ月もある。どうしよう!とパニックになるのも無理からぬ状態でした。

 妊婦の腰下肢痛はよくある症状ですが、痛み止めが使えないために子供が生まれるまで我慢するしかないと考える人は多いものです。しかし、鍼灸はこういうときも役に立ちます。

 この方の場合は、大臀筋と梨状筋(りじょうきん)の使いすぎによる痛みとわかり、傷んだ筋肉に鍼を刺し、数日仕事を休めばちゃんと痛みは取れると説得し、遠方だったので、負担の少ない寝方や自宅施灸のしかたも指導して帰しました。  

 3日後来院したときは痛みが4割減っており、4日間の休みをもらったとおっしゃってました。休みを取れたことで気持ちの落ち着きを取り戻していました。この日の鍼治療と4日間の安静で仕事に復帰し、3日間仕事したら痛みが少し戻ったと言って3回目の治療に来院し、その後も休まず仕事を続け、さらに1週間後4回目の治療時にはおしりの痛みはほぼ無くなり、右ふくらはぎがつれやすいことを訴えるぐらいになりました。産休まであと1週間というところまでこぎ着けたので、治療を終了としました。  

 この方の治療のポイントは、仕事に穴を開けないことと、子供を無事出産することのどちらが大事かを冷静に判断させることでした。忙しい時期に自分が仕事を抜ければ会社や同僚に迷惑をかけるとの一心で、妊婦の自分とお腹の子供に無理をかけようとしていたことに気づいてもらうことで、休みをもらう決心をつけさせることができました。  

 変な言い方ですが、「ダメなものはダメ」と諦めることで切迫感から解放され、結果として一番速いスピードで治っていくものです。「急がば回れ」ですね。  

 人はいつも無意識に最小の犠牲で最大の成果を求めようとします。たいがい仕事を休めないから明日までに痛みを取ってくれ、これから大事な練習があるから今すぐ痛みを取ってくれと言ってやってくる人たちは、気持ちが切迫しているので痛みを強く感じており、それが治りを悪くしている原因でもあります。一番早く治そうとするならば、「いつまで」という制限を取り払ってリラックスすることです。そうすることで交感神経の異常な興奮がおさまり、自律神経が正常に働くことで自然治癒力が最大限に発揮され、打った鍼の効果が邪魔されることなく患部や脳に働いて、最短時間で治っていくものです。
JUGEMテーマ:健康

生理痛

  • 2006.07.24 Monday
  • 22:17
40代女性
 肩こりで治療をしていた患者さんに生理痛の相談を受けました。
四年前から強くなったそうで、生理初日に陣痛のような痛みで起き上がれなくなり仕事も休む状態だそうです。以前から医者にかかっているものの特別な病気はないと言われ痛み止めで対処してきたとの事でした。

 規則的な生理周期なのでホルモンバランスは悪くなく、子宮の過収縮とそれに伴う吐気と脳貧血があると判断し治療しました。生理予定日の一週間前に来ていただいて鍼灸治療と三陰交の皮内針を貼ったところ、生理痛が軽くて会社を休まずに済みました。次の生理前にも同じように治療して仕事ができる程度の痛みに軽減でき、その後四回目まで治療を継続して痛みはずっと軽くなりました。

生理痛

  • 2006.05.01 Monday
  • 11:38
29才 独身女性
月経開始と共に腹痛が激しく、市販の痛み止めを二シート使うこともある。生理と生理の間隔が長引く以外は不調なところは無い方です。

お腹や腰を中心に月二回くらいのペースで治療し、三陰交(生理痛の特効穴)にお灸をすえたところ、次の生理では痛み止めを二錠飲んでがまんできる程度になり、翌々月の生理には痛みを感じないくらいに過ごせました。その後半年間は治療しなくても痛みが出ませんでしたが、少し不調を感じたので再度来院し、二ヶ月くらいの治療で以前のような激しい痛みになることは無く過ごしています。

ここまで強くない生理痛なら三陰交に「置き針」をするだけでも楽になってしまいます。生理前一週間のところで、ツボに小さな針をバンソウコで貼っておくだけでOKです。千年灸を自宅ですえても良くなります。生理痛でお困りの方にはツボを取ってさしあげますのでお気軽にご相談下さい。

月経前緊張症

  • 2006.05.01 Monday
  • 11:37
36才 既婚女性 
生理の一〜二日目に腹痛があり、一週間前からイライラして家の人に八つ当たりしてしまう。肩こりもあり、胃の調子も悪いと言って治療にみえました。

 肩こりや胃の治療に加えて生理痛と月経前緊張症の治療をしたところ、次の月経時にはイライラや腹痛が無く楽に過ごせました。

 月経前緊張症の人は、生理と生理の中間の排卵時や、症状の出やすい一週間前が治療の好適日になります.。一般的には月に二〜三回のペースで効果を見ながら3クール(三回分の生理)続けていくのが良いようです。

周産期の治療(専門化向け) 

  • 2006.03.22 Wednesday
  • 17:28
周産期にできる施術
      
妊娠と出産では、女性はその時期特有の心と身体になります。その症状は、一定の特徴はあっても人によって、また、同じ人でも出産のたびに違うものです。基本的な病態を頭においた上で、その方の状態にあった施術を行いたいものです。

ここでは妊娠初期から出産後1年までに妊産婦が抱える問題を多面的に捉え、鍼灸がどんな風にお役に立てるのかをお話して行きます。内容は専門化向けですが一般の方もどうぞお読み下さい
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM