腕の痛みとしびれエトセトラ

  • 2020.01.23 Thursday
  • 00:21

JUGEMテーマ:健康

60代女性

 

「1週間前から左腕がしびれて痛んでる。整形外科で筋肉痛だろうと言われた。処方された痛み止めは効かす、湿布のほうが少し良いぐらい」と言って来院されました。

 

左を下にして寝ると2〜3時間で腕の後ろ側にしびれと痛みが出て来て、起きて動かすとましになるのをここ3日は繰り返しているそうです。日中しびれは出ないもののツッパリ感があり、中指と薬指に痛みを感じ、前腕はズキズキするとのことでした。

 

部屋の片付けをしたぐらいしか思い当たる原因は無いそうです。肩の前と後ろが凝っていたので、まずはそこを解してみました。

 

5日後にいらしたときも、症状は楽になっておらず、夜は上腕の後ろにズーンとした痛みが出て、手のひらにもズキズキとした痛みを感じるとのことでした。

 

そこで、もう一度丁寧に痛みの発信源を探索したら、上腕三頭筋の付け根(肩の後ろ)に押すと痛みが再現できるポイントが見つかったので、そこに鍼を打ったところ、6日後にいらした時には症状がほとんど良くなっていました。

 

結局3回の治療で終了となりました。

 

↓新米鍼灸師のための極意講座

続きを読む >>

軽作業で起きた腕と背中の痛み

  • 2020.01.12 Sunday
  • 21:15

JUGEMテーマ:健康

60代 女性

左手で物を押えてカッターで切る作業を2時間程したせいか、左の背中から腕にかけて痛くなった。1週間様子を見ていたが、治らないので治療して欲しいと来院されました。

 

寝てると楽で、起きてるとつらく、前屈みで悪化するそうです。普段使い慣れていない筋肉を集中的に使うとこうした事が起こります。この方の場合は、首肩、肩甲骨の内側、腕の後ろ側などに痛みが広がっていたので、硬くなった筋肉を解すように鍼を打ちました。

 

ところが治療中ずっと身体に力を入れっぱなしで緊張が解けないので、なかなか痛みが楽になりません。いわゆる中枢感作(ちゅうすうかんさ)が起こっていました。痛みによって脳が興奮して過敏になっている状態です。

 

そこで、自分が腕や肩に力を入れていることに気がついたら力を抜くようにお願いし、お家でアイシングもしてもらいながら3回治療したら痛みが治まり、5回の治療で終了となりました。

 

新米鍼灸師のための極意講座↓

続きを読む >>

メニエル発作後長引くふらつきと頸痛

  • 2020.01.08 Wednesday
  • 15:10

50代男性
 

半年前にメニエル病で10日間入院した。その後3カ月間自宅で寝ていた。歩けるようになってから首の凝りが強まり整形外科を受診したら異常ないと言われた。しかし数日おきにふらつきが出現する。熱っぽさもあり、3カ月マッサージに通ったが効果がなかった。と言って来院されました。

 

赤ら顔で首と身体を一緒に動かす様子から、首の緊張が強い事が伺えました。病気になって以来酒もゴルフも控えていたそうです。

長年臨床に携わっていると、こうしたケースは一瞥して見立てが決まります。不安が残っているために起している症状だと言うことです。めまいを初めて経験すると、びっくりして強い不安を覚えるものです。自分の脳がおかしくなったのだろうと考えるからです。

 

しかし、メニエル病は耳の中のむくみが原因でグルグル回るめまいを起す病気なので、むくみを取ることで治ります。元を正せば自律神経の問題です。10日間の入院だったことから、それなりに症状が強く、治まるまでに数日かかったため本人の不安が固着したのだろうと思います。退院後3カ月も家で寝ていた事がそれを裏付けています。

 

赤ら顔で熱っぽいのも、首と身体を一緒に動かすことも全て不安の表れです。めまいが再発しないか、ずっと身を固くして伺っていたのでしょう。

 

治療の決め手は、思い込みを外すことです。これが成功すれば、極端な場合症状は治療をしなくてもその場で消えます。この方の場合は、鍼で首の緊張を緩め、身体に起っていることを解説し、本人の思い込みを正しました。お酒もゴルフも解禁して、徐々に元のペースに戻していくことを課題として1回目の治療を終えました。

 

3日後の2診目には身体の辛さは3割まで減り、ビールを飲んでも問題は起きなかったと報告してくれました。さらに3日後の3診目には、肩が張っている感じがする他は、今までで一番良い感じで、首の辛さもないとのことでした。

 

その後ゴルフの練習を開始し、5回の治療で終了としました。

 

 

不眠から抜け出すコツ

  • 2019.12.23 Monday
  • 11:58

睡眠は生理現象なので、自律神経にゆだねていれば自然のリズムを刻むものです。それが上手く行かないのは脳が邪魔しているからです。

 

邪魔の中身を分析すると、ひとつは自覚されていない不安があって、脳が寝ている場合じゃないと警戒しているか、もう一つは熟眠感を得ることにこだわりすぎて、力みすぎているかです

 

解決策は、「寝るべき時間に不安の解消策を考えて、得るものはあるのか?」と自問自答するのです。答えは「体調を崩すだけで、けっして妙案は浮かんでこない」となります。そしたら自分に「無駄なことは止めて、策は起きてからまた考えればよい。」と言い聞かます。不安の解決策は起きている間にしましょう。

 

次に熟眠感にこだわりすぎる人は「夕べは一睡も出来なかった」「私は8時間寝ないと調子が出ない」「ぐっすり眠れたことがない」と口にしては、自分は不眠症だから疲れが抜けず体調が悪いのだと自己暗示をかけ続けるものです。先ずこれを口にするのを止めます。

 

夜間1時間毎に時計を確認した記憶があっても、その間は眠っています。目が覚め時計を確認した時に、かすかに夢の記憶があるはずです。そもそも一睡もせずに何日も生きていられません。不快であっても日常生活が出来ていると言うことは必要な分だけは眠っています。ただ、熟眠感が得られていないだけです。だから、眠れなかった夜でも、「少しは眠っているのだろう」と思う事です。

 

次にわずか20分の居眠りでもその後は何時間もスッキリするのだから、数時間も布団の中で身体を休めていれば、疲労回復には十分だと言い聞かせます。眠れないときはラジオを聞いたり、いっそのこと起き出して眠くなるまで何かをするのは間違いです。
布団の中で身体を横たえ、目をつぶって身体を休めることです。

 

さらに床に入ったら、その日起きてから寝るまでに何をしたか思い起こします。そして一日頑張ったことを確認し、自分を誉めます。その後は面白いことを考えます。思わずクスッと笑ってしまうようなことがベストです。もしくは楽しかった思い出や、大好きな人のことを頭に思い浮かべます。とにかく、眠ろうと力まないことに徹するのです。大概いつの間にか寝てしまいます。


朝起きるとき、「睡眠は足りている」と言い聞かせ、眠ければお昼寝で補います。20分で十分です。椅子や車のシートに座って目をつぶって頭を休めます。「私はお昼寝すると夜眠れなくなる」も禁句です。わずかな時間頭を休めるだけです。夜の睡眠には響きません。

 

「生きていれば眠りは足りているはず」と決めつけることです。こうやって、徹底的に眠る事へのこだわりを捨てます。そうすれば、脳の自律神経への干渉が無くなり、自然な睡眠のリズムが復活します。とにかく自律神経に任せることです。

 

運動不足なら、健康のために運動をしましょう。睡眠のために運動をするのは止めましょう。意識を睡眠に向けないことです。また、人が眠りに入るには脳の温度を下げる必要があります。そのために手足を流れる血流を増やしてそこから放熱します。これがうまく行かないといつまでも頭を巡る血の量が多いままなので脳の興奮も静まらず、温度も下がりません。

 

そこで、寝る前には手足の血管の緊張を解き、手足に流れてくる血の量を増やします。要するに手足を温めるのです。一番簡単な方法が入浴です。私は、お風呂にゆっくり入り手足の冷えを取ります。(起きている間は手足が体幹より冷たいのが普通です)これで脳の興奮を静めて眠る体制にスイッチを切り替えます。

 

布団に入ってからも足が冷たい場合は、布団乾燥機を使って足を温めます。タイマーで止まるようにしていれば、いつの間にか眠ってしまいます。

 

まとめると、不眠から抜け出すコツは、熟眠感から意識を遠ざけ自律神経に任せることと、寝る前に手足を温めて脳の血流を減らし、興奮を静めてやることです。

 

不眠のツボ?

 

ありますよ。かかとの裏側に失眠というツボがあります。そこにお灸を熱いと感じるまですえます。つまりは足を温めると同じ事です。不眠に対する鍼灸治療は、先に述べた養生をしっかりした上で施すとよく効きます。まずは、養生が先です。

 

睡眠薬は?

 

眠剤が効いているのに「出来れば飲みたくない」と思っている人も多いものです。ここに述べた養生をしっかりやって下さい。いつの間にか眠剤を飲み忘れて眠る日が来るはずです。

 

 

JUGEMテーマ:健康

トイレに起きた後寝付けない

  • 2019.12.15 Sunday
  • 17:05

JUGEMテーマ:健康

トイレに起きた後寝付けない、手の震え、字が書きづらい

 

70代の女性が眠れないと来院されました。不眠は20年来のもので安定剤の効きが悪くなったのと手が震えて字が書きづらくなったため、脳梗塞が起きたのではないかと不安になって来院したとのことでした。

 

『身体には』

過去に脳梗塞を患い、左半身にごく軽い麻痺が残っており、動作で両手の震えが増すようでした。身体のこわばりや頭や口元がピクピクと勝手に動く様子も見られました。

 

病院の脳外科に通院し安定剤を処方されており、主治医に症状を訴えても対応が変わらない事への不満もあったようです。

 

『何が起きているのか?』

先ずは、手の震えや書字困難を訴える病気として鑑別すべき、小脳失調、パーキンソン、甲状腺機能亢進症等の可能性は無いか所見を確認しましたが、問題はありませんでした。脳梗塞の後遺症もごくわずかで、不安や緊張が高まっての手の震えや書字困難の可能性が高いようでした。

 

『原因を探る』

これまで効いていた安定剤の効きが弱くなったのは、心配事が増えたせいではないかと考え、最近気がかりなことは無いか尋ねると、ご主人が仕事をリタイヤしてから何もする気が失せてしまったようで、惚けられるのが心配だとの事でした。

 

睡眠の様子を尋ねると、眠剤で寝入るのは問題ないが、トイレに起きた後直ぐに眠れなくなったことを強く気にされてました。自営業でまだお仕事をされており、睡眠不足が仕事に影響するので早く治したいと焦っておられました。受け答えの様子から几帳面で、こだわりが強いことも伺えました。

 

『見立ての説明』

そこで、手の震えや書字困難が脳内疾患から起った場合、どんな所見が出るものなのかを説明し、それが全く見られないことや、これまでの主治医とのやりとりから重大な疾患が隠れている可能性は低いことを説明したら、大分肩の力が抜けてホッとした様子でした。

 

さらに、安定剤の効果に変わりはなく、トイレに起きた後眠れないのは、仕事と介護が重なるかも知れない不安から起っているものだろうと説明し、追加の眠剤を出したり強い安定剤に替えることを主治医がしなかったのは、そこまで分っていて必要がないと判断したからで、決して患者さんの話を無視したわけではないことを説明しました。

 

目が覚めてから眠れないのは「脳が寝ている場合じゃないと判断したから」のようでした。自分の身体の心配は減ったので、残るはご主人の心配です。これは、私がご主人を拝見することで、一端問題をこちらに預けてもらいました。(後日ご主人は鍼灸治療で元気を取り戻されました。)

 

『治療と指導』

身体を拝見すると、肩と背中のコリが目立ったので、それを解しながら腕に力が入っていることに気づかせて、身体の緊張も自覚してもらいました。さらに、睡眠時間を気にしないこと。寝ようと力まず、布団の中で身体を休めていれば大丈夫だと自分に言い聞かせることをお願いしました。

 

『その後の経過』

2診目には手の震えが減り、字を書くのも楽になりました。

4診目にはトイレに起きてもすぐに眠れるようになりました。

6回の治療で症状が落ち着いたので様子を見ることにしました。

 

新米鍼灸師のための極意講座↓

続きを読む >>

不眠

  • 2019.12.12 Thursday
  • 22:59

不眠

 

不眠を訴えて鍼灸院に来院する患者さんは、すでに眠剤も安定剤も飲んで眠る工夫をしても満足できない方達です。「鍼灸で何とかならないか」と東洋医学に対する期待と不安を抱いて来られます。

そういう方に何をしてあげられるかというと、


これが沢山あります。

 

まず、自分の心と身体が今どうなっているのか気付いてもらいます。
心では、自然な睡眠を妨げている「思い込み」や「こだわり」、心の底にある「不安」などであり、身体では、無意識に入れている「力」や気分で影響を受けた「姿勢」です。

 

お話を聞き身体を拝見して、おおよその当りを付け、疑問に思ったところを詳しく尋ね、患者さんが気付いていない問題を一緒に確認していきます。

 

大事なことは、患者さんが腑に落ちることです。
「あぁそうか!」「なるほどネ」と言う反応が返ってくれば、問題解決に一歩近づけたことになります。

 

その作業の中で、なぜ眠れないのか、何が邪魔しているのか、どうすればいいのかを学んでもらいます。特別な病気を除けば、眠れない理由は、脳が寝ている場合じゃないと判断しているか、眠れないようなことをしているかのどちらかです。

 

ご本人は「眠れない,眠れない」という考えの中に埋もれています。
そこで、自分の心と身体を外から眺め、「私はこうなっていたのか」と気付きを促します。

 

現状が理解できたところで、患者さんを取り巻く環境や抱えてる問題を踏まえて、簡単に出来そうなことから行動を起してもらいます。私の方はそれを見守りながら身体に現れている問題を解消していきます。


鍼灸は、痛みを減らし、凝りや緊張を和らげ、気分を改善し、血の巡りを良くし、免疫力を高めます。こうした特長を生かして患者さんの不調を減らしていきます。場合によっては自宅でお灸をすえてもらう事もあります。ご家族の協力が得られるとより効果は高まります。

 

 

続きを読む >>

転んで傷めた足首とスネの痛み

  • 2019.12.11 Wednesday
  • 17:18

JUGEMテーマ:健康

女子大生

1カ月前階段を踏み外して右足首をひねった。
整骨院に通って歩けるようになったが、
バイトで立ちっぱなしだったせいか2週間前から正座や歩行で痛くなり出したそうです。

 

話だけを聞けば足首の捻挫のようでしたが、痛みは脛骨と腓骨の間に見られたので、
踏み外したときの様子を詳しく尋ねると、右斜め前に倒れたそうで、
右足首を強く伸ばしたような力が加わったことが分かりました。

 

足首の靱帯とスネの筋膜にも痛みを感じる場所があったので、
そこに鍼を刺して痛みを減らし、テーピングをして痛いところに負担がかからないように
したらその場で普通に歩けるようになりました。

 

びっこを引かず、丁寧に歩くように指導し、2回の治療で良くなりました。

 

スコップの使いすぎによる手首の痛み

  • 2018.07.13 Friday
  • 20:03

JUGEMテーマ:健康

 50代男性

硬い雪をスコップで崩しながら片付けるのを3日間やったら右手首が痛くなった。
整形外科を受診し腱鞘炎と診断され痛み止めと湿布を処方されたが変わらないと来院されました。
右の手首から上が赤く腫れて熱を持っていました。手首を動かすと腫れたところがギシギシと音を立てる状態でした。
使いすぎた右腕のつけ根から痛みを起している患部まで反応の出ているところをほぐし、赤く腫れたところは極細の鍼で治療し、アイシングを施しました。
おうちでも継続して冷やすようにお願いし、2日続けて治療したら痛みが減り5回の治療で良くなりました。

 

マウスのクリックが辛い腕の痛み

  • 2018.07.13 Friday
  • 16:04

JUGEMテーマ:健康

 

40代男性

 

2週間前から右手が痛くなり、マウスのクリックを繰り返すと悪化する。整形外科で診てもらったら頚の神経の炎症だと言われ薬をもらった。痛みは減ってきているが、早く治したいので診て欲しいとのことでした。

 

問題は頚だけでなく、いわゆるテニス肘も起こしていました。頚と肘両方に対する治療を施し、腕を休めるためクリックをする指を代えるようにアドバイスしたところ、2回の治療でつらさは半減し痛み止めが必要なくなり、週1で4回治療して治りました。

 

起きている症状の原因が一つと決めつけたのでは問題を解決できません。丁寧な問診と診察が大事です。

 

 

 

ホッファ病(膝蓋下脂肪体炎)とシンスプリント

  • 2018.07.09 Monday
  • 10:17

JUGEMテーマ:健康

 

中学男子陸上部(短距離)

 

1ヶ月前の部活でトレーニング中に両スネの内側に痛みを感じ様子を見ていたら、1週間前には左膝の痛みも出たので、

4日前に整形外科を受診した。

 

レントゲン検査で異常はなく、筋膜の炎症と診断されしばらく安静にしても痛みが続くならMRIで骨折がないかを確認すると言われた。日常生活は痛くないが、軽く走っても痛いので何とかならないかと親御さんに連れてこられました。

 

診察をすると軽いシンスプリントと膝のホッファ病を起こしていました。骨を叩いても痛みはないので疲労骨折を疑う必要は無く、スネの内側の圧痛も範囲が限られており軽傷と判断しました。過敏になった筋膜に鍼を当てて治療したところ、治療直後から走れるようになり、2回治療して大会に出場し、100mで自己ベストを出しました。

 

大会後は左膝の方が気になると言うので、それに対して3回治療して痛みはなくなりました。こちらは軽いホッファ病でした。膝の下にある脂肪体に微細な出血が起こり脂肪が硬くなって痛みを起こすもので、鍼灸治療とアイシングを施し、自宅では太もものストレッチと脂肪体の軽いマッサージをお願いしました。

 

練習の際は膝下にテーピングを貼ってもらうようにしてケアしたところ、練習を休むことなく治まりました。

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM